NEW

僕が田舎の会社を辞めて世界的アーティストに上り詰めた“きっかけ”と“運”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さとうたけし氏

「人生100年時代」と政府が掲げ、高齢者の雇用促進、リカレント教育などに力が注がれる。一方で早期退職を募る大手企業も多く、終身雇用制度は崩壊しつつある。そんな現状に不安を感じる方も多いだろう。しかしながら、人生はあきらめなければ、いつだって逆転できるのである。本連載では、どん底人生からあきらめずに逆転した経験を持つ人を紹介していく。

 さとうたけし氏は、世界で活躍するローラーペイントアーティストである。数多くのテーマパークや商業施設の壁画を手掛けるほか、テレビでのローラーペイントのパフォーマンスなどメディアへの露出も多い。多くの人を惹き付けるさとう氏の独特のパフォーマンスは唯一無二の存在。そんなさとう氏にも、どん底と思えるときもあったという。どん底から世界的アーティストへと、どのように大逆転したのかを聞いた。

絵描きでは生活できない

 さとう氏は宮城県大河原市に生まれ、幼少期はのびのびと育った。

「もの心ついたころから絵を描くことが好きで、いつも何か描いていました。周りの大人から『絵が上手いね』と褒められるのが嬉しかったことを覚えています」(さとう氏)

 そんな幼少期を送り、自然と「将来は絵描きになる」と夢見るようになっていった。ところが、中学生になると急に周囲の大人の意見が変わり、さとう氏は大きな戸惑いを覚えた。

「中学生のときも将来は絵を描いていこうと思っていましたが、それまで絵を褒めてくれていた両親が『絵では生活できないから、絵は趣味で続ければいい。ちゃんと就職するのがいい』って言い出したのは、ちょっとショックでしたね」(同)

 しかし、高校生になる頃にはさとう氏も「大人の言う通りかもしれない」と考えるようになり、大学に進学した。卒業後は自動車会社に就職し、2年間の会社員生活を経験した。

「両親が言うように、安定収入みたいなことが大事なのかなと思ってがんばりましたが、やっぱりアートに対する思いが消えず、仕事を辞めて渡米しました」(同)

 当時、さとう氏が仕事を辞めたことで両親はショックを受けていたという。

「田舎で真面目な人生を送ってきた両親にとっては『アートって何?』という感じだったし、ましてアートで飯は食えないだろうとの思いしかありません。それでも僕はアートに賭けたかったんです。ゼロか百かしかないが、百を掴むという気持ちで米国・ロサンゼルスへと向かいました」(同)

僕が田舎の会社を辞めて世界的アーティストに上り詰めた“きっかけ”と“運”のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事