NEW

吉野家の客単価はなぜ上がっているのか 「超特盛」「高価格メニュー」を頼みたくなる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

※※

吉野家(画像はWikipediaより/Nakamura kengou )

 吉野家が、今年3月に追加した新サイズの牛丼「超特盛」(税込780円)のヒットにより黒字に回復したというニュースが報道された。

 吉野家ホールディングス(はなまるうどん、京樽等含む)の2019年3~5月期の連結決算は、営業利益が10億4400万円だった。前年同期は1億7800万円の赤字であったことから、大きな伸びを見せたといえる。

 今期は米などの食材費と人件費の高騰があったが、それも売り上げの伸びで吸収できたとしている。吉野家の場合、牛肉も食材費の中心にある。牛肉の値上がりを理由に、2014年に牛丼並盛を280円から300円に、300円から380円へと2段階で値上げした過去があるほどだ。吉野家が使用している米国産冷凍牛バラ肉(ショートプレート)の2019年3~5月の卸値は、前年同期に比べ0.9~2.3%安かったので、それも今回プラスになったはずである。

吉野家の客単価はなぜ上がっているのか 「超特盛」「高価格メニュー」を頼みたくなる理由のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事