NEW

文化勲章をもらうと年額350万円の終身年金が支給されるってホント?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 文化の発展に貢献した者に授与される「文化勲章」。過去には川端康成、棟方志功、遠藤周作、丹下健三、黒澤明など、錚々たる人物が受賞している。実はこの文化勲章をもらうと、亡くなるまで、毎年350万円の終身年金がもらえるという噂がある。果たしてこの噂は本当なのだろうか?

「文化勲章」は勲章がもらえるだけ?

文化勲章をもらうと年額350万円の終身年金が支給されるってホント?の画像1

「文化の発達に関し特に顕著な功績のある者」に授与される「文化勲章」は、内閣総理大臣・廣田弘毅の発案により昭和12年に制定された制度。勲章は橘の五弁の花がモチーフで、中央に三つ巴の曲玉を置き、鈕にも橘の実と葉が用いられている。授与式は毎年11月3日の文化の日に皇居で行われ、天皇陛下から直接授与される大変名誉ある賞なのだ。

 これまで物理学の湯川秀樹(昭和18年)や画家の東山魁夷(昭和44年)、映画監督の黒澤明(昭和60年)、俳優の高倉健(平成25年)、小説家の川端康成(昭和36年)など、錚々たる人物が受章している。だが、「文化勲章」には勲章以外にもらえるものは何も規定がないのである。これは日本国憲法第14条によって規定(勲章への特権付与の禁止)されているためだという。果たして本当に文化勲章を受章すると、年額350万円の終身年金をもらえるのだろうか?

続きは【オトナライフ】で読む

文化勲章をもらうと年額350万円の終身年金が支給されるってホント?のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事