NEW

iPhoneでバッテリーを節約したいならアプリは終了しない方がいいって知ってた?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 iPhoneのバッテリーを長持ちさせようとして、使わないアプリをこまめに終了させている人はいないだろうか。実はこれは逆効果なのだ。バッテリーを長持ちさせないだけでなく、バッテリーを余計に減らしてしまう行為なので注意したい。

アプリを終了させるとバッテリーが余計に減る

iPhoneでバッテリーを節約したいならアプリは終了しない方がいいって知ってた?の画像1
(Image:Denys Prykhodov / Shutterstock.com)

 ノートパソコンでバッテリーを長持ちさせようとして、その都度アプリを終了させるという人は多いだろう。これと同じような感覚でiPhoneでもアプリを閉じていると、バッテリーの消費が大きくなってしまうことはご存じだろうか。

 iPhoneの場合、使っていないアプリは自動的にスタンバイモードになるので、バッテリーは消費していない。もし終了させてしまうと、そのアプリを再度立ち上げるときにバッテリーを消費してしまうので、結果的にバッテリーの減りが速くなってしまうというわけだ。iPhoneでアプリを終了させるは、「反応しなくなった場合」の強制終了のみと覚えておこう。

続きは【オトナライフ】で読む

iPhoneでバッテリーを節約したいならアプリは終了しない方がいいって知ってた?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • IT
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事