NEW

年金をもらい損ねる4つのパターンとは?自動的に支給されると思い込んでない?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 老後2,000万円問題で、急に老後の不安に襲われた人も多いだろう。だが、将来が不安だからこそ年金をしっかり払っておくべきなのである。何しろ国が破綻しない限り、必ず年金はもらえるのだ。とはいえ、年金制度は非常にわかりにくい。正しい知識を持っていないと、せっかく年金を支払っても、正しく受給できないことがあるのだ。そこで今回は、年金の基本である「年金の受け取り方」について解説しよう。

年金は基本的に自分で申請しないともらえない!

年金をもらい損ねる4つのパターンとは?自動的に支給されると思い込んでない?の画像1

 年金制度は非常に複雑なので、うっかり年金をもらい損ねることがある。ここでは代表的な4つのパターンを紹介しよう。

 まず、年金の落とし穴(1)は、65歳になると自動的に支給されると思い込んで申請しないパターン。老齢年金は原則65歳からもらえるが、自動的に支給されるわけではない。65歳の誕生日の3カ月前に日本年金機構から年金請求書が郵送されてくるので、必要書類と一緒に年金事務所に提出することで、初めて年金を受け取れるのである。だが、そもそも年金は60歳で「繰上げ受給」することもできる(受取額が30%減額されるが……)。やはり60歳から受給したほうがお得だと考える人は、自ら年金事務所の窓口で繰上げ支給を請求する必要があるので注意しよう。

 年金の落とし穴(2)は「在職老齢年金」。これは、60歳を過ぎても働いており、その間は年金をもらえないと思って申請しないパターン。60歳以上で働いていても、月給と年金額の合計が28万円未満なら年金は全額支給される(65歳以上は47万円未満)。28万円を超えると金額に応じて年金の支給額が減らされるため、面倒くさがって申請しない人もいるという。

続きは【オトナライフ】で読む

年金をもらい損ねる4つのパターンとは?自動的に支給されると思い込んでない?のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事