NEW

吉本社長会見で話題、“イケメン東大法学部卒”弁護士の素性…手ぶるぶる震えの理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉本興業・闇営業問題 岡本社長が会見(写真:アフロ)

 

「なんだ、あのインテリメガネは!」

 吉本興業所属のタレントらが振り込め詐欺グループの宴会に出席して金銭を受け取るなどした「闇営業」問題をめぐり、同社として初めて開いた22日の記者会見。記者の質問に対し、ふらふらと要領を得ない回答を繰り返す岡本昭彦社長の横に立ち、社長が回答につまると助け舟を出す人物にインターネット上で“歓声”が上がっていた。

 その人物とは、吉本興業ホールディングス法務本部長の小林良太弁護士(40)。推定で身長170センチ以上、小粋なダークスーツと知的さを漂わせる黒縁フレームのメガネにフラッシュが反射する。会見冒頭の岡本社長の謝罪後、闇営業に関する経緯を淡々と説明する姿に、ツイッター上では「小林弁護士イケメン過ぎ」「ブレイク待ったなし」「(イケメン芸人の)藤森慎吾に似ている」などの発言が乱れ飛んだ。

 小林氏は東京大学法学部卒で、2009年に同社に入社。現在は法務本部長であり、子会社よしもとミュージックの取締役でもある。最近ではめっきり見かけなくなった「高身長、高学歴、高収入」3本そろったキャラクターだ。人気が出るのもうなずける。

 本人が開設していたSNS上のプロフィールでは、自身を「エンタメロイヤー」と称する。東大法学部時代の小林氏を知る人物は「テレビを見て、大学時代と見た目が変わってなくてびっくりしました。みんな当時の仲間はデブになったり、はげたりしているのにねぇ。立派になって」と感慨深げに話す。

板挟み

 さて、そんなイケメン弁護士の会見での手腕はどうだったのか。

 長時間にわたった会見に疲労したのか、会見の中盤ごろを過ぎるとマイクを持つ手がぶるぶる震え始めた。この様子にツイッター上では「マイクが右往左往している」「マイク持つ手が震えすぎだろ」などとのコメントが流れ始めた。

 特に、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が会見時に暴露した、同社幹部の「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主やから大丈夫」という発言に関連した質問に及ぶと、狼狽の度を深めた。

 同発言について、吉本側は「社の株主には放送局もおり、公平を期して、時間帯に配慮しなければならない」という説明を田村側の弁護士にしたというが、これについて「なぜテレビ局側に配慮が必要だという説明をしたのか?」と切り込まれると、マイクの震えは最高潮に達した。

吉本社長会見で話題、“イケメン東大法学部卒”弁護士の素性…手ぶるぶる震えの理由のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事