NEW

「不気味な力士」安美錦(40歳)引退…“あり得ない”記録とエピソードの数々

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「不気味な力士」安美錦(40歳)引退…あり得ない記録とエピソードの数々の画像1
引退会見を行う安美錦(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 平成の名力士・安美錦が引退を表明した。

 右ひざの靱帯断裂やアキレス腱断裂など度重なるケガを乗り越え、20年にわたり関取の座を保持し続けた。力士として22年目、御年なんと40歳9カ月。昭和33年に年6場所制となって以降に初土俵を踏んだ力士のうち、40歳を超えて現役を続けた力士は31名いるが、ほとんどが幕下以下。40歳で関取の座を保持したのは旭天鵬(現・友綱親方)と安美錦の2人しかいない。

 関取に昇進したのは平成12年初場所。ここから一度も幕下に陥落することなく、土俵に上がり続けた。関取在位117場所は、元大関の魁皇と並び歴代トップタイである。

“負け越し金星”の数が示す粘りの相撲

 安美錦は、まさしく「銭の取れる相撲取り」だった。多くの好角家から「不気味な力士」と言われた通り、存在感は抜群だった。

 22年間で繰り出した決まり手は45手にも及ぶ。「技のデパート」舞の海でさえ34手であり、実に多彩な相撲を見せてくれた。土俵際でもあきらめずに粘るため微妙な取組も多く、行司に「安美錦は裁きたくない」とまで言わせている。

 その場所の成績にかかわらず粘りの相撲を見せたという点も、安美錦の真骨頂である。8個獲得した金星のうち、4分の3の6個が「負け越した場所」での獲得なのだ。安美錦と並び、現役最多の8個を獲得している逸ノ城の“負け越し金星”はわずか3個である。これは、安美錦が常に全力で横綱に向かっていった証拠であり、土俵際に押し込まれながら何度も逆転してみせた。ちなみに、全盛期の朝青龍から4個の金星を獲得しており、優勝を阻んだこともある。

 3年前、満37歳で迎えた平成28年初場所では、鶴竜を破り8個目の金星を獲得、新入幕から93場所目での金星という史上最長記録をつくった。しかし、インフルエンザで途中休場を余儀なくされ、またも負け越してしまう。

 ちなみに、史上最多となる16個の金星を獲得した元関脇安芸乃島は負け越し場所で6個。2位の元関脇高見山は12個中6個、元関脇栃乃洋も12個中7個。“負け越し金星”の割合は安美錦がダントツであり、そのため「横綱に勝つと負け越す」というジンクスもついてまわった。

 一度休場しながら再出場したことも2回あるが、これも決してあきらめない精神の表れといえる。平成28年の夏場所ではアキレス腱断裂の大ケガで2場所を棒に振り、十両に陥落。「すわ引退か」と誰もが思ったが、1年かけて幕内へ復帰すると、8勝7敗と勝ち越して12度目の三賞(敢闘賞)を受賞している。

 そんな安美錦は、引退を決意した翌日も稽古場に降りて若い衆に胸を貸した。「親方になってからも胸を出せるように」との心持ちからである。

ちびっこ大相撲では“プロレスラー”に

 安美錦はサービス精神も旺盛だった。特におもしろかったのが、一言コメントだ。

 2日連続で横綱、大関を降してインタビュールームに呼ばれた際、前日と同じインタビュアー(NHKの三瓶宏志アナウンサー)に勝利の秘訣を聞かれて、「三瓶さんですね」。聞いていた筆者は、口の中のビールを吹き出してしまった。髷をつかまれて反則勝ちを拾った際には、「少ない髪の毛をつかむなよ。というか、この(髪の)量で反則勝ちとは申し訳ないな」と自虐ギャグを繰り出したこともある。

「不気味な力士」安美錦(40歳)引退…“あり得ない”記録とエピソードの数々のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事