NEW
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

ルネサス、呉元社長はなぜ突如“辞任”? 工場生産中止による“特需”をアテにした浅知恵

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルネサス前社長の呉文精氏(写真:ロイター/アフロ)

なぜ、このタイミングで辞任?

 ルネサス エレクトロニクスは6月25日、呉文精氏が6月30日付で社長を退任し、柴田英利氏が社長兼CEOに7月1日に就任することを発表した。呉氏は、3月の株主総会後の取締役会で社長に再任されたばかりだったため、たった3カ月での退任に「なぜこのタイミングなのか?」という疑問の声が社内外から上がっている。

 まず筆者は、次のような理由で、呉氏が半導体メーカーの社長に相応しくないと考えていた。

(1)オムロン出身の作田久男会長兼CEO、遠藤隆雄会長兼CEO、鶴丸哲哉社長兼CEOを経て、2016年6月26日に呉氏が社長兼CEOに就任したが、その後、営業利益率は低下する一方で、2019年第1四半期には、とうとう赤字に転落した(図1)。変化の速い半導体業界に対応できる社長とは思えない。

(2)2017年2月に米半導体メーカーのインターシルを約3200憶円で買収し、2019年3月末には米Integrated Device Technology(IDT)を約7300億円で買収した。合計約1兆円の買収資金を投じているが、この2社とルネサスとのシナジー効果が理解できない。要するに、センスが悪いとしかいいようがない。

(3)約1兆円も散財する一方で、業績悪化により、2月にルネサスは従業員の5%に相当する約1000人の人員削減を決めた。人員削減する前に、なぜIDTの買収をストップしないのか理解に苦しむ。経営がちぐはぐであるといわざるを得ない(3月28日付当サイト拙著記事)。

(4)呉氏は3月20日の株主総会で、市況低迷により国内外の全13工場の生産を停止する検討を行っていると発表した。国内では、ルネサスの主力である那珂工場を中心に6工場を、5月と8月に、それぞれ1カ月停止するという。しかし、半導体工場を止めるなどというのは前代未聞で、「愚策中の愚策」であるとしかいいようがない(4月12日付EE Times Japan拙著記事)。

 以上の理由から、呉氏にはルネサスの社長の座を降りていただいたほうがいいと思っていた。とはいっても、やはり唐突な感は否めない。そのようなとき、信頼できる筋から、実は那珂工場が5月に停止しなかったという話を聞いた。そして、それが呉氏を辞任に追い込んだのではないかと推理した。

 本稿では、なぜ那珂工場が生産を止めなかったのか、それがなぜ呉氏の辞任につながると考えるのかを論じたい。

ルネサス、呉元社長はなぜ突如“辞任”? 工場生産中止による“特需”をアテにした浅知恵のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事