NEW

加藤浩次に吉本内部から「会社辞めろ」…「過去に散々問題」「情報番組で正義感ぶってる」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤浩次(「Wikipedia」より)

 闇営業問題に絡んだ一連の騒動について、7月22日に会見を行った吉本興業代表取締役社長・岡本昭彦氏。事態は沈静化に向かうどころか、所属する若手芸人からは大きな反発を招いている。

 会見で記者からの質問に対し、釈明に終始した岡本氏。芸人との面談中に発したパワハラ発言は“冗談”だったと明かし、関与芸人に早急な会見を開かせなかった点は「意思疎通ができていなかった」と語っている。また吉本興業の“ギャラ”に関しても、「『会社が9でタレントが1』とかそういうことはまったくなく、ざっくりとした平均値で言っても5:5から6:4」と明かした。

 岡本氏の会見を受けて、所属芸人から続々と反論が噴出し、奥田修二(学天即)はツイッターで「芸人は、本気と冗談を見分けられます。だから芸人なんやもん」とコメント。久保田かずのぶ(とろサーモン)は、「悲しいわ。知り合いの芸人、先輩後輩同期、皆同じ事を思ってる。頼むから汗の書いた文字が欲しいんです。生きてる言葉をください。血の通った発言を聞きたいんです。どう変わるんですか?」とツイートしている。

 また、ギャラにまつわる投稿も相次ぎ、エハラマサヒロは「ギャラの事とかはトップの方は現場の事を把握できてないんだろうな…」とコメント。キートンは「ギャラ 5:5だったのか てことは、私が海外に約1週間行ったあの仕事は、吉本は2万円で引き受けたのか! 優良企業」と皮肉を込めて呟いた。ほかにも、佐藤ピリオド.西澤祐太朗(裏切りマンキーコング)らも続々と、ギャラが不当に安いエピソードを暴露している。

 これに対し吉本興業の関係者は、「ギャラについて、会見で社長が言っていたのは『平均すると5:5や6:4』ということでした。これは、タレント9:会社1の大御所の方もいて、平均して、データだけ見るとそれくらいになるんだと思います」と事情を明かす。

 一方で岡本社長は会見で若手芸人のギャラについて「いろんな機材費やなんとか費やら含めて、確かに(ギャラが)300円とかいうことも、その時代の子たちはあると思います」と語り、仕方ない面もあると理解を求めている。

 実は、大崎洋会長も同じような発言をしている。7月13日Business Insider Japanの取材に対して、「吉本としては基本、ギャラはちゃんと払っているつもりです」としつつ、若いうちは経験を積むことが重要で、ギャラが安くても受け入れるべきとの見解を示している。

「交通費が500円かかって、(ギャラが)250円では赤字だったとしても、800人の前で自分たちの漫才を3分できれば、たとえ1回も笑いが取れなくても今後の芸の役には立つでしょう。芸は、人生をかけて何十年も積み重ねて完成するもの。修行時代に、先輩のおかげで舞台に立つ経験をしてもらう。ギャラの額の問題ではないと思ってます」(Business Insider Japan記事より)

 さらに、この時は、「吉本の芸人としてデビューしたんだから、だれも笑ってくれなくても、月に30万円払ってやるからがんばれよ、というやり方は、本当の芸人を育てるやり方とは思えない」との持論を展開し、「吉本のいまのやり方を、変えるつもりはありません」と語っている。

 それが22日の岡本社長の会見では、「いろんな仕事の機会を、環境をつくっていくことを目指していくなかで、ちょっとでも彼らの夢の実現と、収入も含めて上げていけるようにしていければと考えております」と、わずかにトーンが変わった印象も受ける。

 ある芸能記者は、「岡本さんは大崎さんの指示で動く人なので、自分では決められないんでしょう。それが、会見にあらわれていました。歯切れが悪いと批判されていますが、岡本さんとしては、あれが精いっぱいだったと思います」と分析し、大崎会長の意思を慮る岡本社長が独断で、社内の体制を急変させることは難しいとの見解を示す。

加藤浩次に吉本内部から「会社辞めろ」…「過去に散々問題」「情報番組で正義感ぶってる」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事