NEW

かっぱ寿司に復活の気配 スシローに追い抜かれるも、雰囲気チェンジが奏功?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

かっぱ寿司に復活の気配 スシローに追い抜かれるも、雰囲気チェンジが奏功?の画像1

かっぱ寿司(「Wikipedia」より)

 全国に523店舗を展開する、回転すしチェーン最大手の「スシロー」(2019年7月時点)。サービス産業生産性協議会が6月に発表した「2019年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査」においても、スシローは飲食業種(レストランチェーンとファストフード店の24企業・ブランドが対象)の「顧客満足」スコアで長崎ちゃんぽんの「リンガーハット」に次ぐ2位につけ、その人気ぶりが証明された。

 スシローが業界のトップを奪取したのは2011年のこと。それまでは「かっぱ寿司」が首位に立って業界をリードしていた。しかし、かっぱ寿司は現在、競合の「くら寿司」と「はま寿司」にもリードを許し、業界4位に転落してしまった。

 ただし、かっぱ寿司もこの状況に甘んじているわけではない。かっぱ寿司を運営するカッパ・クリエイトの2018度の既存店売上高は、前年同期比0.1%増を記録。2017年度は同1.7%減、2016年度は同4.2%減……と、散々な結果が続いていたかっぱ寿司にとって、この数字がプラスになったのは、じつに7年ぶりの快挙なのだ。

かっぱ寿司に復活の気配 スシローに追い抜かれるも、雰囲気チェンジが奏功?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事