NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第9回

ピエール瀧、『いだてん』への損害賠償金はいくら?タレント不祥事、芸能プロの“対応策”

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

geinou

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

 芸能人にスキャンダルはつきものですよね。最近でも、雨上がり決死隊の宮迫博之さんなど大物お笑い芸人が謹慎処分に追い込まれた“闇営業問題”、BPO(放送倫理・番組向上機構)から「放送倫理違反があった」と認定されてしまった『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の“ヤラセ問題”など、さまざまな芸能ニュースが世間を騒がせていますよね。そんななか、僕がずっと気になっているのが、芸能人の薬物問題なんです。

 7月3日に麻薬取締法違反で懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決が言い渡されたピエール瀧さん、5月22日に大麻取締法違反の疑いで逮捕され、保釈の際の“土下座謝罪”が物議を醸した元KAT-TUNの田口淳之介くん、そしてミュージシャンではありますがつい最近の7月19日にも、Dragon Ash、RIZEのベーシストのKenKenこと金子賢輔さん、同じくRIZEでボーカルとギターを担当するJESSEさんが、大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕されましたよね。

「Getty Images」より

不祥事の際のCD販売停止は“致し方ない”

 芸能人の薬物使用の逮捕は、社会的影響が大きいゆえに、慎重に捜査され、かつ“見せしめ”という意味も大きいといいます。ピエールさんの場合も、音楽活動はもちろん、ドラマ、映画、バラエティと多岐にわたって大活躍中だっただけに、ほんと、シャレにならないレベルでさまざまな現場に影響が生じ、芸能界に激震が走りました。

 大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(NHK総合)でピエールさんが演じていた役は、三宅弘城さんが代役に起用されて撮り直していましたけど、すでに放送が終えられていた部分も、DVD化のために全部イチから撮り直していると思いますよ。これは本当に、現場スタッフや役者さんからすれば実にやるせない作業で、信じられない大変さだと思います。役者さんたちもスタッフさんたちも、本当にお疲れさまとしかいいようがないですね……。

 一方で彼の音楽活動については、電気グルーヴのCD販売停止、楽曲配信停止などを受け、その撤回を求める署名運動などが行われていますが、やっぱり、レコード会社としてはコンプライアンス的にそうせざるを得ないという判断なんだと思います。「音楽や作品に罪はない」「作品を買うか買わないかはこちらが決めることであって、それをそもそも売らないっていうのはどうだろう」なんて考える人も多いとは思うのですが、結局、「作品が売れること」=「その収入が犯罪を犯した人に渡ること」=「犯罪者が作ったもので企業がお金儲けをしている」ってことになってしまう。そうなると、特に上場企業の場合、そういう判断をするのも致し方ないのかな、とは思いますね。

ピエール瀧、『いだてん』への損害賠償金はいくら?タレント不祥事、芸能プロの“対応策”のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事