NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『ノーサイド・ゲーム』なぜ“日曜劇場×池井戸潤”なのに「暑苦しさ」がなく好評?

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ノーサイド・ゲーム』なぜ日曜劇場×池井戸潤なのに「暑苦しさ」がなく好評?の画像1
日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』|TBSテレビ」より

 そろそろ、「TBSの『日曜劇場』で池井戸潤の小説」と聞くと、「またか」と感じる人が増え始めていた。

 無理もない。2013年の『半沢直樹』から『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』『陸王』『下町ロケット』続編と、ほぼ年1作ペースで放送されてきたからだ(来年春にも『半沢直樹』の続編を放送予定)。

 しかし、今月7日にスタートした『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)は、過去の“日曜劇場×池井戸潤”作品とは異なるムードと魅力を持っていた。これまでの作品より視聴率が低い半面、視聴者の声は好意的なものが多いのだ。

『下町ロケット』続編のときに飛び交っていた「またか」というアレルギー反応が減り、「池井戸潤の作品では一番好き」という声まで聞こえてくるのはなぜなのか。

まるでラグビー観戦のような応援の声

 主なあらすじは、「トキワ自動車経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は、常務の滝川桂一郎(上川隆也)によって、府中工場総務部長に左遷させられる。その役職は同社ラグビー部・アストロズのゼネラルマネージャー兼務と決まっているため、君嶋は失意の中、選手たちと向き合っていく」というもの。

「左遷された君嶋が会社を牛耳ろうとする滝川に、弱小チームのアストロズが常勝チームのサイクロンズに立ち向かう」という下剋上の図式は、これまでワンパターンと言われた“日曜劇場×池井戸潤”の作品と同じで変化はない。

 また、「ビジネスマンとして負けた君嶋と、廃部の危機にさらされるアストロズの逆襲を描いていく」というビジネスとスポーツをシンクロさせた二重構造は、『ルーズヴェルト・ゲーム』『陸王』とほぼ同じだ。

 しかし、その世界観はラグビーをモチーフにしているだけあって、より純粋であり、まっすぐで武骨。君嶋だけでなく、アストロズ監督の柴門琢磨(大谷亮平)も、キャプテンの岸和田徹(高橋光臣)も、エースの浜畑譲(廣瀬俊朗)も、トキワ自動車社長・島本博(西郷輝彦)も、逆境の中、まっすぐ前だけを見つめている。

 ほとんどお金にならないラグビーで、ひたすら“男のロマン”を追う。その精神性は、令和から平成を通り越して昭和に戻ったような感もあり、実際に1984~85年に放送された「『スクール☆ウォーズ』を見ているようだ」という声も少なくない。だから、当作に寄せられる視聴者の声は、まるでラグビーの試合をスタンドから観戦しているような応援の声が多いのだろう。

 また、悪役の描き方もこれまでの作品とは微妙に異なる。池井戸潤の作品は、舞台設定に一定のリアリティを担保しつつ、実際にはいないであろう、けれんみたっぷりの過剰な悪役が次々に登場。しかし、ここまでを見る限り、常務の滝川も、サイクロンズ監督の津田三郎(渡辺裕之)も、対立しているだけで過剰な悪役という印象はない。

 そもそも、“ノーサイド”には「戦いが終わったら両軍を分けるサイドがなくなって仲間になる」という意味がある。滝川もサイクロンズも、同じように男のロマンを追い求めているだけであって、最後には仲間になるのかもしれないし、当作には過剰な悪は必要ないのかもしれない。つまり、タイトルからして、池井戸潤ならぬ池井戸“純”とでも言いたくなるムードが漂っているのだ。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

『ノーサイド・ゲーム』なぜ“日曜劇場×池井戸潤”なのに「暑苦しさ」がなく好評?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事