NEW
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏

原宿の純喫茶・アンセーニュダングル、44年間、客足が絶えない秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了・7月中掲載希望】原宿の純喫茶・アンセーニュダングル、44年間、客足が絶えない秘密の画像1
自由が丘の「カフェ・アンセーニュダングル」

「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数ある経済ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。

 町を歩いていて、「昔ながらの、この店も閉店したか」と思った経験はないだろうか。現在の飲食店、なかでもカフェは、「個人経営の店(個人店)が生き残るのが厳しい時代」だ。まずは数字から紹介しよう。

 国内の喫茶店(カフェも含む)の店舗数は、平成の初期と後期(発表数値が残る年)では半減している。

・1991(平成3)年=12万6260店
・2016(平成28)年=6万7198店
(総務省調査を基にした全日本コーヒー協会の発表資料)

 一方、大手チェーン店は、上から順に数字を丸めると、(1)「スターバックス」(1400店超)、(2)「ドトール コーヒーショップ」(1100店超)、(3)「コメダ珈琲店」(800店超)、(4)「タリーズコーヒー」(700店超)となっている。上位4社合計で4000店を超える。

大手4社のカフェは「17店に1店」の割合

 上で紹介した「6万7198店」の内訳は公表されていないが、大手チェーン店を含んでいるとすれば、「約17店に1店」が、この上位4社のカフェになる。

 これだけあると「仕事や街歩きの際に入る店はスタバ」という人も多い。カギカッコ内をドトール、コメダ、タリーズに変えても同じだ。

 それ以外にも東京都内にはカフェの店舗が多く、全国に100店以上展開しているチェーン店を思いつくまま挙げると、「星乃珈琲店」「珈琲館」「上島珈琲店」「エクセルシオールカフェ」などがある。「喫茶室ルノアール」は現在約90店だが、かつては100店を超えていた。前述の大手4社に、これらの店も合わせると、「4000店超」が「約5000店」になるのだ。

 一方、個人店は大手と比べて資金力が劣り、さらに店主の現役寿命もある。何歳で開業するかにもよるが、一般的に「ひとりの店主が現役で活躍できるのは30~40年」といわれる。親族でも他人でも「後継者」が育たないと、人気店であっても長年にわたり営業を続けるのは難しい。

 そんななかにあって、東京都内で長年、人気を維持している個人店を紹介したい。その店の名前は「カフェ・アンセーニュダングル」。本連載で約2年前にも紹介したが、「平成」を経て「令和」となっても人気店として生き残った。その秘訣を、改めて考察したい。

原宿の純喫茶・アンセーニュダングル、44年間、客足が絶えない秘密のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事