NEW

【京アニ放火】青葉容疑者と同じ「就職氷河期世代」の人々が抱く複雑な心境

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 米国の名建築家ウィリアム・ヴォーリズの手になる1937年(昭和12年)竣工の豊郷町立豊郷小学校校舎(滋賀県)は、保存か解体かで裁判沙汰になった末に保存となったが、この小学校が京都アニメーション制作のアニメ『けいおん!』の舞台で「アニメファンの聖地」だと知ったのは、今回の悲劇がきっかけだった。7月28日の日曜日、企業研修や地域コミュニケーションなどに活用される校舎に、神戸から大型バイクを走らせた。

 

 軋む板の廊下を歩いて本館2階の一室に上がると、黒板が目に飛び込む。事件前、そして事件後にチョークで書かれた文字で埋め尽くされている。英語の励ましも多く、「京阿尼加油(京アニ頑張れ)」などとも書かれていた。中央大学の交換留学生で台湾の林哲宇(リン・ジャ・ユ)さん(21)は、こう語る。

「台湾では京アニは大人気、私も中学の時から大ファンでした。火事は台湾の友達から連絡が来ました。もし犯人が著作権を侵害されたと思っているなら裁判をすればいい。こんなひどい手段をとったら、誰も幸せになれない」

 

 テーブルにお菓子の模型が並べられていた。京都の30代の若者が教えてくれた。「ムギちゃんは、ちょっとお金持ちのお嬢さんで、美味しいお菓子をよく持ってきてたんですよ」。もちろん『けいおん!』の物語のことだ。「初めて見たのが、けいおん。はまってしまってDVD買ってこればかり見てた。犯人はなんの恨みがあってこんなことするのか」と噴った。

 喫茶店になっている広い観光案内室では、多くの人が献花台に花束を置いてゆく。部屋の隅でコスプレ、というか女装をしている2人がいた。島津よしりんさんと笹原みずきさん。ともに44歳。笹原さんが紺の冬服で、島津さんが白い夏の制服というキャラクターの女子高生の格好だ。「最初、火事だと思っていた。放火なんて信じられない、今も夢を見ているようです」と声を揃える。2人は7、8年前にここで知り合い、毎週のようにここに来ていた時期もあった。

「高校生の部活も、先輩後輩のどろどろした関係とかいろいろある。けいおんは、そういうのを上手に描いている。非現実的でなく、こんな解決ならいいなあと思える。絵も綿密で色彩も素晴らしい。落ち着いたら火災現場も行ってみたいけど、今はまだ気持ちが……」(笹原さん)

【京アニ放火】青葉容疑者と同じ「就職氷河期世代」の人々が抱く複雑な心境のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事