NEW

【マンション】管理会社が管理組合の味方でないときの強い味方「マンション管理士」とは?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 マンションは、購入者が自分たちで管理組合を組織して管理していく必要がある。だが、理事が素人だらけの管理組合では満足にマンション管理&運営ができるはずもない。そこで今注目されているのがマンション管理のスペシャリスト「マンション管理士」である。「マンション管理士」がいれば、素人の理事でも安心してマンション管理ができるぞ!

素人だらけの管理組合に適切なマンション管理は無理!

【マンション】管理会社が管理組合の味方でないときの強い味方「マンション管理士」とは?の画像1

 分譲マンションは購入者(区分所有者)が管理組合を組織して、自分たちでマンションの管理をしていかなければならない。小規模マンションなら、5~10年毎に管理組合の理事に選出されることもある。管理組合の理事になると、大規模修繕計画や管理規約の見直し、住民からのクレーム、管理費滞納者への対応など、さまざまなトラブルに対応しなければならず、かなり大変な思いをする。だが、マンションに関する知識が何もない理事は、どうしてもマンション管理会社に頼ってしまい、言いなりなっているケースも多いのだ。

 マンション管理会社は、マンションの掃除や細かい修繕のほか、管理人などを派遣してくれるマンション管理を専門に行う会社だ。しかし、マション管理会社は新築時にデベロッパーが自社の関連会社を指定していることが多く、マンション管理会社が、必ずしも管理組合の味方であるとは限らないのである。

 そこで今注目されているのが「マンション管理士」だ。マンション管理士とは、マンションの管理組合の相談に応じ、適切なアドバイスをしてくれるコンサルタントのこと。つまり管理組合の強い味方なのである。

続きは【オトナライフ】で読む

【マンション】管理会社が管理組合の味方でないときの強い味方「マンション管理士」とは?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事