NEW

あのバーニーズ、時代遅れの遺物に…セブン&アイの“指導”の下でずっと業績低迷

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨークにあるフラッグシップ・ストア(「Wikipedia」より)

 ロイター通信や米CNBCテレビなど複数のメディアが、米高級百貨店バーニーズ・ニューヨークが 7月中にも連邦破産法の適用を申請する可能性があると報じ、衝撃が走った。

 バーニーズといえば、おしゃれでラグジュアリーなブランドの衣料品を幅広く取りそろえ、富裕層やおしゃれに気を使う人を中心に人気を獲得してきたことで知られている。自社開発のプライベートブランド商品のほか、イタリアを中心としたヨーロッパから直輸入した商品を販売する。バーニーズの世界観に合ったものだけを並べており、その世界観に魅了された人は少なくない。

 そのバーニーズが、破産する可能性があるという。ニューヨーク・マディソン街にある旗艦店の賃料負担が重く、資金繰りが悪化したことが直接的な原因と報じられている。CNBCテレビによると、賃料は今年、約1600万ドル(約17億円)から約3000万ドル(約 32億円)まで高騰しており、利益が吹き飛ぶ計算だという。

 現在、身売りや追加融資などで破産を回避する道を探っているが、今後の行方は予断を許さない。

 バーニーズは1923年にニューヨーク中心部マンハッタンで誕生した老舗。創業者はバーニー・プレスマンで、創業者の名がブランド名の由来となっている。

 当初は現在のように高級志向ではなく、男性用スーツなどの衣料品を低価格で販売していた。高級路線を志向したのは60年代後半からで、創業者の息子のフレッド・プレスマンらが転換を図った。76年には、高級アパレルブランド「ジョルジオ・アルマーニ」を米国で初めて導入している。

 日本での展開は、伊勢丹がバーニーズと提携して89年6月にバーニーズジャパンを設立し、翌90年 11月に日本1号店を新宿にオープンしたのが始まりだ。93年8月に横浜に2号店を、2004年10月には銀座に3号店を開業している。

 バーニーズジャパンが誕生したのは、バブル経済が崩壊する直前で、逆にいえばバブル絶頂期でもあった。ドル高是正を目的とした1985年のプラザ合意をきっかけに日本で起きた円高不況の対策として金融緩和や積極財政を行った結果、日本はバブル経済に突入。空前のカネ余りでジャパンマネーは米国にも流れ込んだ。89年に三菱地所がニューヨークの商業ビル、ロックフェラーセンターを買収したことが象徴的な例となった。

 そんな日本経済が「イケイケドンドン」の時代の最中に、バーニーズジャパンが誕生した。しかし、90年代に入りバブルは崩壊。以降、日本経済は低迷の一途をたどる。

あのバーニーズ、時代遅れの遺物に…セブン&アイの“指導”の下でずっと業績低迷のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事