NEW

ホンダ、量産型EVを国内発売との観測…日本もガソリン車からEVへ本格移行開始か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ・フィットEV(「wikipedia」より/Mariordo)

 

 エコの意識が高まる昨今、エンジンを搭載せず排出ガスを発生させない電気自動車(EV)が、世界の自動車市場で改めて注目を集めている。国内メーカーでみると、国産車の代表的なEV、日産リーフの2018年世界販売台数は前年比84.6%増の8万7149台。EV、プラグインハイブリッド車(PHV)のなかでは世界3位の販売台数となっている。

 こういった状況下で、国内メーカーからEVに関する新たな動きが報じられた。イギリス、ドイツ、フランス、ノルウェーといったEV需要が高い国を対象に、ホンダが初の量産EV「ホンダe」(Honda e)の予約受付を今年5月から開始、2020年春に納車見込みと発表したのだ。

 まずは海外の限られた国での先行販売にはなるが、これが国内外の国産EVシーンにインパクトを与えるものになるのではないか。国内外の自動車事情に詳しいAll About「車」ガイドの小池りょう子氏に話を聞いた。

前衛的なホンダが満を持してのEV展開?

 まず、国内のEV市場の現状はどうなっているのか。

「NCS(合同会社日本充電サービス)の充電ネットワークが全国約2万基以上も設けられており、EVの国内インフラ面はそれなりに整備されてはいますが、現状、日本のEVユーザーは欧米に比べて決して多くありません
(小池氏)

 実は国内でのEV普及率は調査元にもよるが、現状1%程度といわれている。わずかに増加傾向にあるものの、2019年3月の新車販売で普及率5割を超えたノルウェーなどEV先進国とは比較にならない。

「1997年にトヨタが世界初の量産ハイブリッド車(HV)のプリウスを発売したことで、トヨタをはじめ、国内主要自動車メーカーはHVの開発に舵を切りました。これにより国内のEV開発は後手後手となり、世界的にEVへ移行する流れになっても、保守的傾向にある日本のユーザーがなかなか受け入れられない状況になっているのでしょう」(小池氏)

 EVに近いエコカーといえば日産のNOTE e-POWERなど売上が好調な車種があるものの、EVでみると日産のリーフが前述の通り躍進しているが、あとは三菱のアイ・ミーブくらいしか一般用のEVは販売されていない。そんな状況で、ホンダeが発売される意味とは?

「本来、ホンダは二輪や船舶にも着手するなど前衛的なメーカーです。そのホンダがこれまでEVをつくってこなかったというのは、今まで国内外のEV市場の様子をずっと観察していたのかもしれません。もしそうだとすれば、車好きのために車をつくるメーカーでもあるホンダにとって、“満を持してのタイミングが今だった”ということなのではないでしょうか」(小池氏)

ホンダ、量産型EVを国内発売との観測…日本もガソリン車からEVへ本格移行開始かのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事