NEW

マツコ、ジャニーズの圧力に加担…「稲垣吾郎らは旬終わった」発言&共演拒否に批判噴出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツコは各局に視聴率好調な冠番組を持ち、今やタレントとしては明石家さんまに次いで“テレビ界No.2”といわれるほどの“権力者”です。ジャニーズとしては自社のタレントをマツコの番組にブッキングすべく、良好な関係を築くために幹部がマツコを“接待”するほどになっています。

 さらに、マツコと複数のジャニーズJr.たちが食事をする“マツコ会”と称される会も定期的に開かれているといわれており、今ではマツコは完全にジャニーズに取り込まれています。しかし、クレバーなマツコだけに、逆にジャニーズの力を利用してやろうというくらいの冷静な判断が働いてのことでしょう」(同)

 また、別のテレビ局関係も語る。

「今のマツコの超売れっ子ぶりは、坂上忍並みです。坂上同様、キー局のプロデューサークラスでも、これまでマツコと接点のない人間が出演オファーしたくらいでは、マツコのスケジュールを押さえることはできません。

 今年1月、大手広告代理店・電通が開催する毎年恒例の『年賀会』では、各界から多数の関係者が出席していましたが、マツコのもとにはテレビ局や広告代理店のお偉いさんが列をなして挨拶していたことが、業界では話題になっていました。それだけ今のマツコは、テレビ界では権力の側の人だということです。なので、今回の“圧力発言”も別段に驚きませんし、香取ら3人は旬が過ぎたタレントだからテレビ局に起用されないというのは、その通りですからね。今さら新しい地図の3人を起用したところで、視聴率は取れませんよ」

 世間の人々がマツコに抱くイメージは、その実態からは大きくかけ離れているようだ。
(文=編集部)

マツコ、ジャニーズの圧力に加担…「稲垣吾郎らは旬終わった」発言&共演拒否に批判噴出のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事