NEW

SixTONESインタビュー掲載で話題沸騰、10~20代に絶大な人気誇る雑誌をご存じ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】SixTONESインタビュー掲載で話題沸騰、10~20代に絶大な人気誇る雑誌をご存じ?の画像1
「BOURGEOIS TOKYO×LONDON CULTURE MAGAZINE  VOL.5」

 スマートフォンやタブレットの普及に伴い、電子書籍が一般的となった昨今、紙媒体の売れ上げは顕著に落ち込んでいる。雑誌の売り上げは平成8年をピークに減少の一途をたどり、この数年は廃刊となる雑誌も続出している。そんななか、10~20代の若者を中心に売り上げを伸ばしている雑誌がある。それが「BOURGEOIS TOKYO×LONDON CULTURE MAGAZINE(ブルジョワ トウキョーロンドンカルチャーマガジン)」(BOURGEOIS PRESS)だ。

 東京とロンドンのカルチャーマガジンである「BOURGEOIS」は、観光地ではなく生きたトレンドや街の息づかいがわかるような写真、インタビュー記事で構成されている。現在、発売中の「BOURGEOIS VOL.5」は、表紙に山下智久を起用し、SixTONES(ジャニーズJr.)のインタビュー記事も掲載されており、大きな話題となっている。「BOURGEOIS」を2015年に23歳で創刊したYUSUKE.D.MARIA氏に話を聞いた。

カルチャーショックが人生を変えた

【完了】SixTONESインタビュー掲載で話題沸騰、10~20代に絶大な人気誇る雑誌をご存じ?の画像2
YUSUKE.D.MARIA氏

 小学生から高校生まではサッカー少年だったというYUSUKE氏は、20歳になって英ロンドンに留学した。

「ロンドン留学が僕の人生最大のターニングポイントです。もし留学していなかったらと想像すると、ギャル男になって毎日渋谷でタピオカを飲んで、インスタ映えを求めて遊んでいたかもしれません。それか、早く結婚していたかも」(YUSUKE氏)

 こう言って笑うが、ロンドンでは大きなカルチャーショックを受けたという。

「日本は書店やレコード店がとても多く、アナログがまだ生きていると思います。イギリスはアナログよりデジタルが主流となっていますが、生での感動を味わえる場所です。街の至る所でミュージシャンがライブをやっていたり、ミュージカルが観光名所になっています。音楽というツールは、人種の国境を超える最高の娯楽だと思っているので、面白い街です」(同)

 その国の文化の違いこそが、お互いを引きつける魅力になると感じたYUSUKE氏は、ブログを始め、自身の見たものや感じたことを発信し始めた。ブログへのアクセスは目に見えて増えていった。その後はウェブマガジンを発行し、さらに読者が増えていった。

SixTONESインタビュー掲載で話題沸騰、10~20代に絶大な人気誇る雑誌をご存じ?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事