NEW

ファミマのタピオカ&パンケーキ、ギョッとする“不気味な味”で逆に話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファミマのタピオカ&パンケーキ、ギョッとする不気味な味で逆に話題にの画像1
ファミリーマートの店舗

 コンビニエンスストアは、庶民の暮らしとは切り離せない存在だろう。外食するより出費を抑えやすいし、残業などで帰りが夜遅くなってしまったときも、24時間営業のコンビニなら、いつだって豊富な商品ラインナップで迎えてくれる。

 7月11日には業界トップのセブン-イレブンが沖縄県に初上陸し、日本全国47都道府県への出店を達成したというニュースがあったが、他社に先駆け、1987年には早くも沖縄県に進出していたのがファミリーマートだ。6月末時点で沖縄県内に325店舗を展開しており、実は人気商品の「ファミチキ」(180円)も、2000年に沖縄のファミリーマートで発売された、骨つきのフライドチキンから派生している。

 そんなファミマは新商品の入れ替えも早く、常に消費者たちを飽きさせないが、ネット上の口コミなどによると、なかには“ハズレ”の商品も紛れ込んでしまっているらしい。そこで今回は「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」のリサーチによって選出した、ファミマの「この夏、買ってはいけない」商品を5つ発表していく。

タピオカミルクティーフラッペ/330円(税込、以下同)

 昨今の“タピオカブーム”を受けて、各コンビニにも関連商品が売られているが、ファミマの「タピオカミルクティーフラッペ」は“買ってはいけない”に挙げておきたい。

 この商品は、アイスコーナーから氷とタピオカの入ったカップをレジまで持っていき、コンビニカフェマシンのコーナーで温かいミルクを注いで、ストローでかき混ぜれば完成する。ミルクティーフラッペそのものは甘くて冷たい、文句ナシにおいしいドリンクなのだが、問題は主役となるタピオカだ。

 こちらのタピオカは、甘くないうえに正体不明な酸味があり、専門店で味わえるようなモチモチ食感のものとも程遠い。専門店で買っても、安いものでは400円くらいから本格的なタピオカドリンクが飲めるので、ファミマで330円払ってこのクオリティの商品を買うのは賢明ではないだろう。もっとも、ファミマで買えば、専門店の行列に並ばなくても済むというメリットはある。

チョコミントパンケーキ/138円

 タピオカほどではないが、近年はチョコミントもブームになっている。しかし、ファミマの「チョコミントパンケーキ」はおすすめできない。

 まず、口に入れた瞬間にギョッとするようなミントの苦味が広がり、チョコソースとミント風味クリームの甘さが、一足遅れてどっと押し寄せるのだ。チョコミント大好きな“チョコミン党”の人には受け入れられるのかもしれないが、ミントグリーン色の見た目もさることながら、かなりパンチの効いた味わいになっているため、「流行っているから」という軽い気持ちで手を出した人は、後悔してしまう恐れがある。

 なお、ファミマではほかにも「コッペパン(チョコミント)」(138円)や「ロールケーキ(チョコミント)」(138円)、さらには「春日井 キシリクリスタルチョコミント」(204円)といったチョコミント商品を続々と展開中。いずれもこのパンケーキに比べればとっつきやすいと思われるので、チョコミント初心者は、これらの商品から試してみるといいだろう。

ファミマのタピオカ&パンケーキ、ギョッとする“不気味な味”で逆に話題にのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事