NEW

がん外科医の私にしか書けない「がん検診」「代替医療」の“紛れもない現実”

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
がん外科医の私にしか書けない「がん検診」「代替医療」の紛れもない現実の画像1
『がん外科医の本音』著者の中山祐次郎氏

 13万部のベストセラーになった『医者の本音』(SBクリエイティブ、2018年8月発売)の第2弾、『がん外科医の本音』(同)を今年6月に上梓した外科医の中山祐次郎氏(39歳/総合南東北病院外科医長)。日本人の2人に1人ががんに罹患する現在、多くの情報があふれているなかで「おそらく私以外に書ける人はいない」との思いで本書を綴ったという。がん外科医の「本音」とは何か。中山氏に聞いた。

がんになったらどうするべきか

――そもそもですが、「がん」はほかの病気とどのように違うのでしょうか。

中山祐次郎氏(以下、中山) がんはほかの病気と違う「悪性」の疾患で、放っておくと、ほぼ亡くなってしまいます。医療技術の進歩で少しずつ治るようになってきましたが、克服できたとは、まだ到底言えない状況です。たとえば、膵臓がんは過去20年で生命予後はほとんど改善していません。ほかのがんでも、ステージ4となれば完治するのはまだまだ難しい。

 一方で、がんという病気はかかった方が急に亡くなることはあまりなく、発覚から亡くなるまでに時間があるので、自分の人生を総括したり遺される人への準備ができたりという面はあります。

がん外科医の私にしか書けない「がん検診」「代替医療」の紛れもない現実の画像2
『がん外科医の本音』(SBクリエイティブ/中山祐次郎)

――もしがんとわかったら、何をしたらいいのでしょうか。

中山 まずは担当医師の話を聞くことになると思いますが、それだけではなく、自分でも情報を集める人が多いでしょう。多くの人はインターネットがファーストチョイスだと思います。しかし、残念ながら、商売目的からか正しいとは言えない情報を載せているサイトも多く、信頼できる情報源にあたってほしいと思います。本書でも詳しく紹介しましたが、まずは「国立がん研究センター がん情報サービス」というサイトがお勧めです。

 書籍や雑誌を買う人もいるかもしれませんが、残念ながら信頼性の低い情報が多い点は否めません。「○○だけでがんは治る」のような過激なタイトルの本が売れていますが、出版社の倫理観を問いたいと思っています。その状況をなんとかしたくて、今回の本を書いたということもあります。

 一方で、私もここ1年ほどは週刊誌の取材を受けるようにしていました。かつては抵抗がありましたが、情報を届けたい中高年の方々に伝えるためにはとても良いメディアであることも確かです。実際に取材を受けてみると、きちんと取材される記者もいる一方で、なかには自分が事前につくったストーリーに当てはまる言葉を医師に言わせたいだけの人も少なくなかったですが。

代替療法にのめり込む患者も

――がんに関する情報では、「がん放置療法」も影響力が大きそうですね。

中山 我々ががんと診断した後に、がん放置療法やほかの代替療法――棒で体をこするだけで良い、あるサプリメントを飲むだけでよい、など――にのめり込んでしまって、通院しなくなる患者さんもいらっしゃいます。だいたい数カ月後に痛みが耐えがたくなったり出血が止まらなくなったりという緊急事態になって、再び病院に来ることもありますが、そのたびに我々は悔しい思いをします。あのタイミングなら助かったかもしれないのに、と。

 放置療法やその他の代替療法はデータを出しておらず、恣意的な解釈ばかりで信頼性が高いとは言えないでしょう。本当にそれがいいと主張されているのなら、きちんと論文にしたり、学会で示したりしてほしいと強く思います。

『がん外科医の本音』 現役医が決して口にしない真実は? 2人に1人がかかる病に迫る。家族が告知されたら真っ先に読む本! amazon_associate_logo.jpg

がん外科医の私にしか書けない「がん検診」「代替医療」の“紛れもない現実”のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事