NEW

がん外科医の私にしか書けない「がん検診」「代替医療」の“紛れもない現実”

構成=編集部
【この記事のキーワード】, , ,

――なぜ患者さんは代替療法にのめり込んでしまうのでしょうか。

中山 保険診療に対する誤解が少なからずあると思います。医療にかかわる費用はすべて国が決めていて、しかも誰もが7~9割引で受けられる素晴らしい仕組みですが、それゆえ安かろう悪かろうと考えるのかもしれません。特にお金持ちの人は、その傾向があるように思います。

 経済原理だとそうなるのかもしれませんが、医療に限っては違うのです。治療に高いお金を払えば予後が延びるということは、今の日本ではまったくないわけです。現状でわかっているなかでの最善が、私たちが行っている標準治療であり、公的保険での治療です。そのあたりも理解されていないのかなと思います。

がん予防の6カ条

――早期発見が重要ということで、がん検診を積極的に受けるべきでしょうか。

中山 がん検診については、おおざっぱな議論ができないので1章まるまる使いました。市販されているほぼすべてのがん検診についての本を読み込み、さらに米国のデータも参照して、膨大な資料を基に書きました。個人的には、「対策型検診」と呼ばれるエビデンスがあるものであれば受けたほうがいいでしょうし、そうでないものであれば、市町村が採用していてもデメリットが大きいのではないかと思います。

 ただ、一概に言えないのでとても難しくて、「100人に1人、がんが見つかるが、5人に不利益がある」検査があったときに、それを受けるかどうかは個人の価値観によるでしょう。

――できればがんを予防したいと思うのですが、どうすればいいでしょうか。

中山 週刊誌では「医者1000人がやっている○○」といった記事が人気ですよね。科学的にわかっているがん予防はシンプルで、(1)禁煙(2)お酒を飲みすぎない(3)食生活に気をつける(減塩、野菜と果物をバランス良く、冷ましてから、など)(4)運動の習慣(5)太りすぎない、やせすぎない(6)肝炎ウイルスなどの感染をチェック、の6つです。

 ただ、がんを予防することは完全にはできず、「危険性を半分くらいに下げることはできる」のように考えていただければと思います。なぜがんになるかは、よくわかっていない面も大きいのです。

『がん外科医の本音』 現役医が決して口にしない真実は? 2人に1人がかかる病に迫る。家族が告知されたら真っ先に読む本! amazon_associate_logo.jpg

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合