NEW
中村芳子「お金のことで苦労せず、人生を楽しむためのお金の基本」

老後資金、米国は2千万円どころか2億円必要!インフレ国のシビアな金銭事情

文=中村芳子/アルファアンドアソシエイツ代表、ファイナンシャルプランナー
【この記事のキーワード】

, ,

老後資金、米国は2千万円どころか2億円必要!インフレ国のシビアな金銭事情の画像4
資産の50%程度を投資資産で運用することで、年5%の利回り達成を目指す

 

 この前提で試算すると、70歳時点での金融資産残高は2億288万円となった。

 なんと、普通の年収の人が、地道に貯めて地道に投資を続ければ2億円作れるのだ!ただし預金や債券のような安全なものだけに預けていてはできない。インフレで貯金はどんどん目減りしていく。老後のために貯める分の50%程度を運用することで、2億円が達成できる。ここがポイント。

 私たちは2000万円でドキドキしたり不安になっていてはいけない。ちゃんと作戦を立てて実行しようではないか。

 次回は、どうやって日本での老後資金を考え、自分の例で計算し、どんな方法で貯めていったらいいか一緒に考えよう。お楽しみに。

(文=中村芳子/アルファアンドアソシエイツ代表、ファイナンシャルプランナー)

※個人のお金に悩みに回答する「FP相談」を承っています。FP相談、および本記事に対するお問い合わせはこちらへ。50代からのお金の質問、悩み相談も受け付けています。

情報提供はこちら
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合