NEW

浜崎あゆみと松浦会長の熱愛発覚の犯人は、あの“嵐メンバーたちを食った女”だった

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嵐メンバーを“食った女”

 その記事によれば、初めて出会ったときから松浦氏が浜崎に一目惚れし、当時はサンミュージック所属の売れないアイドルだった浜崎の歌手になる夢を叶えるべく、松浦氏と男女の関係に落ちたという。「それをつぶさに見ていたのが、小室哲哉の秘蔵っ子としてアイドルデビューし、のちにジャニーズグループ・嵐のメンバーたちを“食った女”として業界を騒がせたAですよ」と音楽業界関係者は言う。ちなみに2010年に「週刊文春」(文芸春秋)は、嵐のメンバー全員と関係を持ったと報じられていたAと大野智のキス写真を掲載していた。

「Aは小室さんプロデュースのアイドルグループ出身だったため、小室さんから松浦さんにつながり、その関係でデビュー直前からあゆと顔見知りだったんです。そこからAは2人の交際をつぶさに見ていたようで……。当時Aは相当、松浦さんにのめりこみ、他のエイベックス歌手の朋ちゃん(華原朋美)や安室奈美恵などにも嫉妬心を燃やしていて、『FLASH』スクープのきっかけもAの持ち込みだったそうです。のちに嵐メンバーと関係を持っていたと報じられ有名になりましたが、当時からあゆと長瀬智也らジャニーズメンバーとの関係なども、周囲に詳細に語っていたようです」(音楽業界関係者)

「人に歴史あり」である。

(文=編集部)

浜崎あゆみと松浦会長の熱愛発覚の犯人は、あの“嵐メンバーたちを食った女”だったのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事