NEW

あのYahoo!ブログがひっそり終了…iPhone普及で“ブログ文化”の終焉鮮明

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ただ、2008年にアップルのiPhoneが日本でも発売されたことによって、ブログ文化にもターニングポイントが訪れたと井上氏は続ける。

「iPhoneのようなスマートフォンが普及するにつれ、人々の主な利用端末はパソコンからモバイルに移り変わっていきました。モバイルでは、いつでもどこでも文章を投稿したり読んだりできますので、ブログのようにじっくり読むタイプのコンテンツは、その“性格”に合わなくなっていったのです。

 じっくり読むタイプのコンテンツよりも、“今”おもしろい、“今”何か開催されているなど、瞬間的にそのとき・その場のやり取りを楽しめるようなタイプのコンテンツが、世の中の感覚にハマッていったわけです。

 じっくり読んで、コメントに意見を書いてというブログは頭(思考力)を使うコンテンツでした。しかし、多くの人は普段仕事や学校で頭を使って疲れていますので、頭をほとんど使わずに、隙間時間などで手軽に“今”のおもしろさを享受できるTwitterやLINEなどに流れていったのは、仕方がないことだったと思います。

 そして、ブログの閲覧者が減るということは広告効果も減少していくということになりますので、スポンサーが広告を出してくれなくなってくるという悪循環が起こっていたのでしょう。ブログを運営する企業側からすると、サーバーを維持しながらサービスの増強・改善も行わなければならず、高いコストをかけている割には利益が上がらないビジネスになってしまったというのが、ブログビジネスの実情なのでしょうね」(同)

このまま音声入力の質が上がれば、新トレンドが生まれる?

“はやり”が速いスピードで流動していくネット時代では、Yahoo!ブログ以外にもサービスを終了していくコンテンツが出てくるかもしれない。

「ヤフーに続いてブログサービスの提供をやめる運営企業も出てくるかもしれないですね。とはいえ、もちろんブログサービスもビジネスの一環なので、企業側にメリットがある場合は継続するでしょう。

 たとえばAmeba内のアメーバブログは芸能人のブロガーが多く、それによってAmeba全体のアクセス数が増えると見込まれるため、広告の契約も取りやすいはずです。ブログサービス単体で利益が出ていなくても、全体としてアクセスの吸引力があるうちは、サービスが残っていく可能性は高いでしょう。今回サービスを終了するYahoo!ブログの場合、開設当初は芸能人のブロガーも大勢いたのですが、最近のラインナップを見てみますと更新が止まっていたり、ほかのブログに引っ越してしまったりという芸能人が目立っていましたからね。

あのYahoo!ブログがひっそり終了…iPhone普及で“ブログ文化”の終焉鮮明のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事