NEW

LIXIL、分裂危機、旧INAXと旧トステムに…経営闘争敗北の潮田元会長、反旗を翻すか

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

 2020年の取締役改選で潮田氏側取締役の一掃を図るのが狙い、と取り沙汰されている。潮田氏の復活の芽を断つために、瀬戸氏は「自身の解任を再検証」し、100日ぐらいで検証結果を公表するとしている。

 ただ、潮田氏が黙って引き下がることはありえず、もうひと波乱は避けられない。瀬戸氏が権力体制を確立したら、今度は潮田氏が反旗を翻し、LIXILグループの分裂の危険が高まると見る向きが多い。

旧トステムと旧INAXの分裂に発展するのか

 LXILグループは2001年、アルミサッシの旧トステムと衛生陶器の旧INAXが経営統合し、持株会社INAXトステム・ホールディングスとして発足。04年に住生活グループに社名変更。その後、システムキッチンのサンウエーブ工業、アルミサッシの新日軽、門扉の東洋エクステリアが合流、住設機器・建材の総合メーカーとなり、12年にLIXILグループとなった。

 経営の主導権争いの行き着くところは、旧トステム創業家の潮田氏と、旧INAX創業家の伊奈氏の対立という図式だったとみられている。この先、対立が続けば、01年の統合前の旧トステムと旧INAXに分裂する危険性がある。それを食い止めることができるのは、CEOに復帰した瀬戸氏だけである。瀬戸氏はカバナンス力を問われる正念場を迎えた。

(文=編集部)

【LIXILグループ新取締役】

○瀬戸欣哉        取締役代表執行役社長兼CEO

  大坪一彦        取締役代表執行役副社長営業・国内子会社担当

○吉田聡         取締役執行役専務LHT Japan担当

○川本隆一        取締役兼監査委員会委員

○伊奈啓一郎       取締役兼指名委員会委員

 松崎正年        取締役兼取締役会議長兼指名委員会委員

 内堀民雄        取締役兼監査委員会委員

○鬼丸かおる       取締役兼指名委員会委員

 河原春郎        取締役兼指名委員会委員兼報酬委員会委員

 カート・キャンベル   取締役

○鈴木輝夫        取締役兼監査委員会委員

○西浦裕二        取締役兼指名委員会委員長兼報酬委員会委員

○濱口大輔        取締役兼報酬委員会委員長兼監査委員会委員

 三浦善司        取締役兼監査委員会委員長兼報酬委員会委員

(○印は株主提案で選出された取締役/上記、敬称略)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合