NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

医師が教える、猛暑でもバテない&体が自然と冷える方法リスト…熱中症も防げる!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 

熱中症」は、高温多湿の環境に適応できず、「体温が上昇して、体内の水分、塩分のバランスが崩れて起こる症状」である。「頭痛」「頭がぼーっとする」「頭がくらっとする」「立ちくらみ」「めまい」「気持ちが悪い」「だるい」などが初期症状だ。

 この初期症状の間に水分補給と、梅干しや塩昆布などによる塩分補給をすぐにする必要がある。血液中の塩分濃度は血液1リットル中に9グラムで、「水1リットル(コップ5杯強)に梅干し2個」くらいが相当する。

 初期症状が出たときに放っておくと、さらに体温が上昇して突然、痙攣、手足の運動障害、意識障害が起こることがあるので、意識レベルの低下を示すサイン(呼びかけに対して返事をしない/何を聞いても「うん」「はい」などの生返事しかしない)が表われたら、迷わず救急車を呼ぶべきである。

「熱中症」は「気温30℃」「湿度60%」のうち、いずれかをオーバーすると起こる可能性がある。よって、「気温28℃」でも「湿度62%」なら熱中症になる可能性があるわけだ。しかし、人間は暑さが続いても「暑さに次第に慣れてくる」(暑熱順化)ので、夏の後半にはいくら暑くても熱中症発症のリスクは下がってくる。逆に気温が一気に高くなってくるときが一番リスクが高い。今年の7月は23日頃までは日照時間も過去最少記録を更新し、「冷夏」というか「梅雨寒」が続いた。この後、7月下旬から8月初旬にかけて、急に熱くなるときに「熱中症」のリスクが急増してくる。

 2012~2018年(いずれも6~9月)に熱中症で救急搬送された人の数は昨年が一番多く、9万2710人を数える。昨年の「熱中症発症の場所」は、

・住居=40.3%

・道路=13.4%

・屋外=12.8%

・仕事場(道路工事現場、工場、作業所等)=10.8%

と、屋内で半数以上が発症しているのだから驚きである。しかも、28℃前後の室温で発症することも少なくない、という。よって、熱中症対策として、

(1)28℃を超えたらエアコン(クーラー)を使う

(2)首、脇の下、下肢の付け根など太い動脈が表面を流れているところを水や氷につけてしぼったタオルで適宜冷やす

(3)昔から暑さ対策として日本人が食べてきた体を冷やす食べ物である「かき氷」「冷ややっこ」「冷やしソーメン」「スイカ」「キュウリ」「ところてん」などのほか、さらに体を冷やす作用の強い熱帯~亜熱帯産のハッサク、夏ミカン、シークワーサーなどを積極的に食べる

(4)外出するときは(出勤するときは無理だろうが)

・半袖シャツ、半ズボンを着用

・半袖シャツの首丈のボタンを外し、シャツの裾はズボンの外に出す(煙突効果で風通しがよくなる)

などが一般に推奨されている方法だ。

医師が教える、猛暑でもバテない&体が自然と冷える方法リスト…熱中症も防げる!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事