NEW

高校野球部員数、年9000人ペースで減少…子どもの野球離れが深刻

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高校野球部員数、年9000人ペースで減少…子どもの野球離れが深刻の画像1
敗戦後、甲子園の砂を集める藤蔭高校の選手たち(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 8月は野球の季節だ。プロ野球では、ペナントレース優勝、あるいはクライマックスシリーズ進出をかけて、連日のように天下分け目の決戦が繰り広げられる。そして、8月6日には第101回全国高等学校野球選手権大会、いわゆる夏の甲子園が幕を開けた。大人も子どもも、野球に熱中する時期といえる。

 そんななか、勢いが止まらないのが埼玉西武ライオンズのホームランアーティスト・山川穂高選手だ。パ・リーグの本塁打王争いで独走を続ける山川選手は、8月4日のオリックス・バファローズ戦では京セラドーム大阪の5階席上の看板まで飛ばす超特大の32号本塁打を放ち、球界に衝撃を与えた。

 オールスターゲームでパ・リーグの四番打者を務めるなど、今や“パの顔”となった山川選手は、常々こう言っている。

「ホームランを打てば、その日ずっとハッピー」

 全打席で本塁打を狙う。自身の長所を最大限に生かした打撃スタイルを示す、シンプルでわかりやすい野球観だ。事実、山川選手はこのように考え始めてから、本塁打を量産している。

 セ・リーグに目を向けると、4連覇を狙う広島東洋カープのエース・大瀬良大地投手の「スポーツ哲学」が興味深い。「自分の身体能力の長・短所をきちんと把握しておくこと」――そうすることで、自らの長所をより生かしたトレーニングメニューを組むことができるようになるという。

中学・高校の野球人口は激減

 このように、厳しい世界で活躍を続けるアスリートの言葉には「耳を傾ける価値」がある。前述の2人以外にも、読売ジャイアンツの菅野智之投手、横浜DeNAベイスターズの山崎康晃投手、福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手、中日ドラゴンズの平田良介選手、千葉ロッテマリーンズの福浦和也選手、阪神タイガースの福留孝介選手など、多くの現役選手がポジティブな言葉を発している。

高校野球部員数、年9000人ペースで減少…子どもの野球離れが深刻の画像2
『全力投球~心が震える野球の名言~』(英和出版社)

 また、引退した名選手、現役監督、過去の名将、高校野球指導者、アマチュア野球指導者らの言葉も、それぞれに深い蘊蓄を感じさせるものが多い。

 そんな言葉の数々を集めた1冊が『全力投球~心が震える野球の名言~』(英和出版社)だ。本書を企画した英和出版社の東由士氏は、次のように語る。

「私自身、プロアスリートのさまざまな言葉に触れるのが好きでした。極端に言うと、読者に発信するよりも、自分が新たな言葉を常に見つけていきたいのです」

 折しも、現在は野球人口の減少が懸念されている。日本高等学校野球連盟の発表によると、高校の硬式野球部員数は昨年度より9317人少ない14万3867人で、5年連続の減少となった。日本中学校体育連盟の調査では、中学校軟式野球部の部員数(男子)は、2009年度の30万7053人から18年度は16万6800人に激減している。

 子どもたちの野球離れに対しては、DeNAの筒香嘉智選手を筆頭にプロ野球界からも警鐘が鳴らされている。そんななか、本書では、長所を伸ばす考え方、悩んでいる後輩にかけるべき言葉、人の叱り方、笑顔がもたらす効果などが綴られており、現状の野球環境を改善するための一助ともなるのではないだろうか。

『全力投球~心が震える野球の名言~』 本書は、野球を「広い視点で幅広く考える」ことを目指して、野球人の名言を集めました。ただ、すべてが自分に合うとも限りません。人間は十人十色であり、それは野球人も同じです。「この考えは今の僕に合う」「そうだ、これが必要だ」などと、1つでも胸に響く言葉があれば、明日から実践してみてください。すると必ず何かが見えてきます。野球は技術も大切ですが、考え方や思考はもっと大事です。周囲から必要とされる、そんな人間を目指してください。……まえがきより amazon_associate_logo.jpg

高校野球部員数、年9000人ペースで減少…子どもの野球離れが深刻のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事