NEW
中山真由美「お片付けで人生を素敵に」

服を片付けられない人は「掛ける」収納でお部屋スッキリ!超簡単ルール&コツ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 服を収納する方法は2つあります。ハンガーを使って「掛ける」収納と、引き出しなどにしまう「たたむ」収納です。服は、素材や形状によって「掛ける」か「たたむ」のどちらかに適しています。どちらで収納するか、その選択を誤ると、あまり収納できなかったり、出すときにシワになってしまったり、ということも。今回は「掛ける」と「たたむ」をうまく使い分けて、賢く服を収納する方法を紹介します。

片付けが苦手な人は「掛ける」収納を中心に

 外出から帰って、脱いだ服をソファやいす、ベッドの端などに置きっぱなしにしてしまう人。片付けが苦手な人は、そもそも「元の位置に戻すのが面倒」という人が多いです。この癖は簡単には直せないので、「戻すのが楽になる収納」にするのが一番です。戻すのが楽なのは……断然掛ける収納です。

 ハンガーに掛けてあるものを取り出し、帰ってきたらまた掛けて戻すだけなので、出しっぱなしにしにくく、服にシワもつきにくい。最近は干すときとクローゼットに掛けるとき、どちらにも使えるハンガーも出ているので、掛ける収納はより快適になっています。

 とても楽な半面、たたむよりは収納量が少なくなるというデメリットもあります。またハンガーパイプいっぱいにギュウギュウに掛けると、取り出しにくくなり、逆に戻すのが面倒になることも。掛ける服は、ハンガーパイプの7割までに抑えるのが理想です。

掛けるルールを決めるだけで戻すのも出すのも楽になる

 掛ける収納をより使いやすくするにはコツがあります。以下の3つのルールを守れば、より使いやすい収納に。

1.掛ける服は長さをそろえる

 トップス→ジャケット→スカート・パンツ→コート、というように、服の長さをそろえて掛けます。こうするとおよその定位置が決まり、出し入れもスムーズに。

2.同じ長さのなかで色をそろえる

 長さごとにそろえたら、そのなかで色ごとにまとめ、薄い色→濃い色になるようグラデーションをつくります(白→ベージュ→水色→紺→黒など)。色ごとにまとめることで、コーディネートする時間も短くなり、似たようなアイテムが多ければ整理することもできます。

服を片付けられない人は「掛ける」収納でお部屋スッキリ!超簡単ルール&コツのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事