NEW

セブンイレブン、「美味し過ぎる」食品5選!ブリオッシュパンアイス、冷し塩ラーメン

取材・文=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

アップルマンゴー/200円

 次は「アップルマンゴー」だ。冷凍された状態で売られているのだが、そのまま食べてもいいし、自然解凍を待ってもいい。余計な原材料は使われていないので、果実そのものの自然な味わいを楽しめることだろう。内容量は1袋110gだが、全部食べても72kcalというカロリーの低さなので、ダイエット中のおやつにも最適である。

 また、商品のパッケージ裏にはこちらの商品を利用したマンゴーシャーベットのレシピも掲載されており、親切。セブン-イレブンの冷凍フルーツシリーズはアップルマンゴーのほかにも、「果実そのままメロン」(278円)や、皮ごと口にしてOKな「そのまま食べられるぶどう」(199円)などなどラインナップが豊富なので、もし気に入ったら全種類制覇を目指してみるのも面白そうだ。

京風きなこもこ/140円

 これまでに「さつまいもこ」「メロンパンもこ」「大人のティラミスもこ」などが発売され、もはやセブン-イレブンの定番人気商品となった「もこ」シリーズから、6月に「京風きなこもこ」という新商品が登場した。

 生地は一見するとシュークリームのようだが、それよりは少しもちもちとしており、こんもりと膨れているのが特徴。その中には、粉感のしっかり残った濃厚きなこクリームが詰まっている。他のコンビニスイーツにはない独自の魅力を持った商品なので、もこシリーズのファンの人はもちろん、まだ一度も食べたことがない人は、これを機にぜひデビューを飾ってほしいところだ。

ブリオッシュパンアイス/248円

 最後は6月に発売されてからというもの、TwitterなどのSNSで「おいしすぎる」と話題沸騰になっていた「ブリオッシュパンアイス」である。

 つやつやとした表面のブリオッシュパンの間に、バニラアイスが挟まった商品なのだが、このブリオッシュパンがとにかく秀逸だ。ブリオッシュパンとは、バターがたっぷりと使われているのが特徴のフランスの菓子パンで、この商品も、しっかりとバターが香り立っている。そこにシンプルなミルク味のアイスが合わさることで、パンのおいしさがますます引き立てられているというわけだ。

 なお、1個あたり164kcalとカロリー控えめなのも嬉しいポイント。「買うべき・買ってはいけない調査班」としては、今季のコンビニアイスの中で一番といっていいほどの完成度だと感じた。

 以上、セブン-イレブンの“買うべき”商品を5つ紹介してきたが、いかがだっただろうか。新商品や季節商品が多くなったものの、どれも定番商品にまったく引けを取らない仕上がりである。気になるものがあったら、商品が入れ替わってしまう前に、なるべく早く食べてみてほしい。

(取材・文=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio)

情報提供はこちら
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合