NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『セミオトコ』に批判と称賛が混在の理由…人間心理を突く“傑作ラブストーリー”

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『セミオトコ』に批判と称賛が混在の理由…人間心理を突く傑作ラブストーリーの画像1
金曜ナイトドラマ『セミオトコ』|テレビ朝日」より

 Hey!Say!JUMP!の山田涼介主演で、「ファン向けのアイドルドラマか」と侮った人もいるだろう。あるいは、『セミオトコ』というタイトルを聞いて「奇をてらったイロモノドラマか」と見切りをつけた人もいるだろう。

 そのせいか、ここまで3話が放送されながら、いまいち盛り上がっていない印象のある『セミオトコ』(テレビ朝日系)。ネット上のコメントも山田がらみのものが圧倒的に多いのだが、なかには山田ファン以外からの「久々に深いドラマ」「この夏一番の傑作!」という称賛も見られる。

 実際、当作には批判と称賛を集める、それぞれの理由があった。

山田ファンの願望を叶えるセミオ

 まずは批判の理由を挙げていこう。冒頭に書いた通り、「ファン向けのアイドルドラマ」とバッサリ斬り捨てられる要素は、残念ながらかなり色濃いものがある。

 山田演じるセミオのキャラクターは、どこまでも純粋無垢で、明るく前向き。どんな些細なことにも「なんて素晴らしい!」と感動し、地味なアラサーの大川由香(木南晴夏)に「おはよう」「いってらっしゃい」「おやすみ」と笑顔であいさつ。仕事から帰ってくると、「おかえりなさい。お仕事お疲れさまでした。よくがんばったね。偉い」と頭をなでて抱きしめる。由香の帰宅に備えて夕食とビールを準備しておき、手をつなぎながら就寝。

 さらに、由香の住むアパートの大家姉妹がセミオを見て「天からの贈り物?」「2人で育てましょうよ」と囲い込もうとし、由香が「彼は私の王子様ですから(ダメです)」と奪い返すシーンもあった。

 そのほかにもセミオは、キョトン顔で「チューってなんですか?」と尋ねたり、好物のメープルシロップをがぶ飲みしたり、「会いたくなった」と言って由香の職場を見学したり、まるで「山田ファンの願望を叶える」「金曜夜にOLたちの仕事疲れを癒やす」ようなシーンが詰め込まれている。

 相手役に美人の印象が強い女優ではなく、演技派バイプレーヤーの木南晴夏を据えたことも含め、ここまで女性層、なかでも山田ファンに向けた脚本・演出にすると、それ以外の人々が白けてしまうのは当然。

 作品テーマを伝える前のキャラクター造形で拒絶してしまった人は少なくないだろう。その作品テーマは後述するが、実に奥深く考えさせられるものだけにもったいない。

セミオとヒロインを見守る優しい人々

 次に、称賛を集めている理由について。

 由香はつらい過去が原因でコミュニケーションに難があり、扱いにくいタイプであるにもかかわらず、彼女を見る周囲の人々は優しい。

 由香の住むアパート「うつせみ荘」の住人には、口ゲンカが絶えない庄野くぎこ・ねじこ姉妹(檀ふみ、阿川佐和子)、偏屈で余命わずかだと思い込んでいる小川邦夫(北村有起哉)、悲しい過去を持つ岩本春・マサ夫妻(山崎静代、やついいちろう)、セミ嫌いで思ったことはなんでも口に出す熊田美奈子(今田美桜)がいるが、いずれも屈折したところがあり根は純粋。

 由香とセミオの恋を温かい目で見守っているし、由香のニックネームである「おかゆ」を食べることになったときも、小川は「病人にとっておかゆは主食みたいなものですからね。おかゆは神だ」、春は「おかゆはすごいよね。赤ちゃんのときからお年寄りになっても食べる」と純粋に感動していた。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

『セミオトコ』に批判と称賛が混在の理由…人間心理を突く“傑作ラブストーリー”のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事