NEW

ジャニーズ、“公取委問題隠し”にジャニー社長死去&元SMAP3人を利用か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SMAP

 

 先月から今月にかけ、吉本興業の騒動が世間を賑わせたが、それと並んで芸能界およびマスコミ業界に大きな衝撃を与えたのが、公正取引委員会ジャニーズ事務所に“注意”を行った問題だ。

「7月1日にNHKが速報で『元SMAP3人の出演に圧力か ジャニーズ事務所に注意 公取委』というテロップを打ちましたが、以前からマスコミ関係者の間では『公取委がジャニーズに調査に入ったのではないか』と囁かれていました。そして、元SMAPマネージャーの飯島三智さんが代表を務め、香取慎吾ら元SMAPの3人が現在所属するCULENの調査協力説が噂されていました。ほかにもジャニーズに圧力をかけられた民放のプロデューサーが公取委にタレ込んだともいわれており、ジャニー喜多川社長が亡くなり新体制でスタートしたばかりのジャニーズ事務所にとって、忌々しい一件となったでしょう」(スポーツ紙記者)

 吉本と並ぶ芸能界の一大勢力の問題とあって、各メディアの報道合戦も過熱するかと思いきや、この話題については不自然なほどテレビ、スポーツ紙は報じていない。

「テレビについてはNHKが速報を出したにもかかわらず、軽く触れる程度で、連日各局が吉本の騒動を大々的に扱ったのとは対照的です。特にテレビ朝日に至っては、ほぼスルーの状態です。また、ジャニーズと関係の深いスポーツ紙も、事務所から“J担”(ジャニーズ担当記者)に『スルーするように』とのお達しがあり、各紙ともさらっと伝えただけでした」(同)

 一方、芸能事務所にとってやっかいな存在である週刊誌はどうか。こちらも女性週刊誌はジャニーズと付き合いがあるだけに、他誌とは少し事情が違うという。

「7月にジャニー社長が亡くなったとき、各誌は大きく扱いましたが、実はその号の売上が結構良かったんです。その“借り”もあって、公取委問題はほとんど報じていません。こう言ってはなんですが、ネタ的にもあまり面白いものではないですからね」(女性誌記者)

 むしろ、女性誌をジャニーズ側が“情報発信”に使ったフシがあるという。

「ジャニーズ幹部としてはテレビ局への圧力問題について、本心ではきちんと反論したいわけです。でも、露骨に取材を受けるわけにもいかない。そこで出てきたのがジャニーさん、そしてSMAPの“活用”でした。たとえば、7月25日発売の『女性セブン』(小学館)が『SMAP共演を実現させて! ジャニーさんお別れ会急転延期と祈り』とのタイトルで、元SMAPでジャニーズ退所組の香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛の3人がジャニーさんとのお別れ会に参列する可能性を示唆していましたが、まさにこれなんかジャニーズ側が了承しないと書けない記事です。

 世論を見ながら“ジャニーズは元SMAPに圧力なんてかけていない”“お別れ会には3人も呼びますよ”というのを間接的に訴えたんだと思いますよ。逆に言えば、それだけ今回の公取委問題はマズいと思っているし、吉本の報道を見ながら対策を練っていたのでしょうね」(別の女性誌記者)

 吉本騒動を一番喜んでいるのは、ジャニーズ事務所かもしれない。

(文=編集部)

ジャニーズ、“公取委問題隠し”にジャニー社長死去&元SMAP3人を利用かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事