NEW

ドコモAndroidで「LINE」が使えなくなるワケはSMS「+メッセージ」が原因!?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 2019年8月5日、ドコモは一部機種で「LINE」が使えなくなると発表した。これは、ドコモの古い携帯電話を使っている「LINE」ユーザーにとっては衝撃的なニュースだろう。だが、どうして今さらドコモで「LINE」サービスが終了するのだろうか? ここではその背景を探る。

「LINE」終了の機種は「Google Play」に非対応!

ドコモAndroidで「LINE」が使えなくなるワケはSMS「+メッセージ」が原因!?の画像1
(Image:nttdocomo.co.jp)

 すでに、2019年9月頃からドコモの一部機種でLINEの全機能が利用できなくなることをお伝えしているが、具体的には2012年8月発売の「らくらくスマートフォン(F-12D)」や2014年2月発売の「スマートフォン for ジュニア2(SH-03F)」が対象である。さらに、2020年3月頃からは、2015年6月発売の「らくらくスマートフォン2 (F-08E)」や2014年7月発売の「らくらくスマートフォン3 (F-06F)」などで、LINEプッシュ通知機能や無料通話の着信通知が使えなくなるという。

 それにしても、どうしてこれらの機種で「LINE」が使えなくなったり機能制限されるのだろうか? 実はこれらの機種にはある共通点がある。まず、Androidのアプリ提供サービスの「Google Play(Playストア)」に非対応で、「dメニュー」から「LINE」アプリをダウンロードしたり、最初から「LINE」がインストールされていたりする。つまり、これらの機種は「Google Play」で「LINE」アプリのバージョンアップができず、OSのバージョンも古いため、「LINE」が個別サポートするのが困難になったと考えられるのだ。

続きは【オトナライフ】で読む

ドコモAndroidで「LINE」が使えなくなるワケはSMS「+メッセージ」が原因!?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • IT
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事