NEW

パソコン・ワープロで作られた「自筆証書遺言書」は無効?有効?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 アナタはパソコン・ワープロで作られた「自筆遺言書」を見せられたらどう思うだろうか? “自筆”遺言書なんだから当然「無効だ!」と思ったら大間違い。実は、2019年1月13日からパソコン・ワープロで作られた「自筆遺言書」でも有効になっているのである。そこで今回は、「改正相続法」で変わった「自筆遺言書」について解説しよう。

「改正相続法」で財産目録はパソコン・ワープロ作成でもOKに!

パソコン・ワープロで作られた「自筆証書遺言書」は無効?有効?の画像1

「自筆遺言書」は“自筆”で書いてあるからこそ意味がある。当然、「パソコン・ワープロで作られた遺言書は無効」だったのだが、実は2019年1月13日から施行された「改正相続法」では“有効”になったのである。

 そもそも遺言書には公証人役場で公証人が書く「公正証遺言書」と、本人が自筆で書く「自筆遺言書」の2種類があるのはご存じだろう。「自筆遺言書」はすべて自筆で書くことが条件で、自宅などに保存してあっても有効なのだ。手間もお金もかからないので、資産家や会社社長でもない限り、一般的にはこの「自筆遺言書」を書く人が多いという。しかし、年をとって体力が弱ってから、自分の財産目録(銀行口座、証券会社の口座、土地や建物の登記情報など)をすべて自筆で書くのはかなり厳しい。そこで「改正相続法」では「自筆遺言書」の要件が一部緩和され、財産目録についてはパソコン・ワープロ作成でもOKということになったのである。

続きは【オトナライフ】で読む

パソコン・ワープロで作られた「自筆証書遺言書」は無効?有効?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事