LINE通話で「応答なし」になるけどブロックされてる?その判別方法とは

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 LINEの無料通話で電話したとき、相手が出ない場合に表示されるのが「応答なし」。もし相手がいつも電話に出ないとブロックされていないか不安になるだろう。「応答なし」が表示されるパターンはいくつかあるので、これらの違いを紹介していこう。

「応答なし」となるのは全部で3パターンある

(Image:Moobin / Shutterstock.com)

 LINEの無料通話で相手が電話に出なかった場合、その相手とのタイムラインには「応答なし」と表示される。この状態になる場合は、「相手が電話に出なかった(相手が電話に出る前にこちらから切った)」「相手が電話をキャンセル(拒否)した」「相手が自分をブロックしている」のいずれかが原因だ。  どのパターンでも、電話をかけた側のタイムラインに表示されるのは「応答なし」だけなので、タイムラインから自分がブロックされているかどうかを判別することはできない。

LINE通話で通話状態にならなかった場合に双方のタイムラインに表示されるメッセージ。電話をかけた側は必ず「応答なし」となるため、ブロックされているかどうかの判別はできない

続きは【オトナライフ】で読む

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

人気記事ランキング

IT

ビジネス

総合

SNS