NEW

「マンション・タワマン」価値が落ちない物件の5大条件とは?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 人生最大の買い物であるマンション。今、アナタが買おうとしているマンションは、十数年後も、購入時の価値をある程度は維持しているだろうか? もしかしたら、二束三文になってしまうかも? ということで、今回は将来も価値が落ちないマンションの5大条件を紹介しよう。

予算ありきで選ぶと結局ダメ物件を掴んでしまう!

「マンション・タワマン」価値が落ちない物件の5大条件とは?の画像1

 マンションの購入を検討している人は、さまざまな条件で物件を検討しているだろう。しかし、マンションによっては、将来、価値を維持できている物件もあれば、二束三文になってしまう物件もある。その差はいったい何なのか? ここではその5大条件を確認してみよう。

 そもそもアナタはマンションを購入するときに“予算ありき”で物件を選んでいないだろうか? たとえば、「首都圏で3,000万円以下で買える3LDK」といった条件の場合、都心は無理なので、東京郊外、千葉、埼玉、神奈川などの不人気エリアを選ぶことになる。さらに、広さを70平米以上に限定すると、駅から徒歩10分以上離れた物件になるはずだ。あるいは日当たりの悪い1Fや2Fの物件を選ぶことになるのでは? 実はこれが、将来マンションの価値を維持できないダメ物件条件のオンパレードとなってしまうのである。

 まず、将来の価値を維持できるマンションの第一条件は「交通の便がいい」こと。とくに大都市は少なくとも駅から徒歩10分以内、できれば5分以内の物件にしておきたい。駅からバスを使わないといけないような物件などもってのほかだ。2つのめ条件は「人気の街」であること。たとえば、吉祥寺、横浜、恵比寿などに代表される人気エリアは、人口が減らないので物件の需要が常に高く、価値が下がりにくい。

続きは【オトナライフ】で読む

「マンション・タワマン」価値が落ちない物件の5大条件とは?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事