「買うべき・買ってはいけない調査班」

ダイソー「冷んやり水筒」「持続冷感ミスト」が100円&“感動的な優れモノ”!

ダイソーの店舗(「wikipedia」より)

 大創産業が運営する「ダイソー」は、100円ショップの代名詞ともいえる人気ブランドだ。近年は100円より高い商品の取り扱いも増え、その商品層の厚さが好評を得ており、業界最大手としての地位をますます確かなものにしている。

 ダイソーの躍進は、バブルの崩壊によって安価な商品が求められるようになった1990年代初頭。世の中のニーズに沿った、100円という破格の商品群が受けて大人気となった。その評判は瞬く間に広がり、国内で3367店舗、国外では28の国・地域に2175店舗を展開中だ(2019年3月時点)。

 そんなダイソーは、コンビニでは手に入りづらいような生活用品も多数取り揃えているし、自社ブランドの商品にも定評がある。季節ごとに、各メディアが新商品を大きく紹介することもしばしばだ。

 そこで今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では、サマーシーズンに重宝しそうなおすすめアイテムを独自にリサーチし、「この夏、買うべきダイソーの便利グッズ」を5つ選出。ぜひとも手にしてほしい商品たちを紹介する。

 

ポリ巾着(フロストタイプ・CUTE・大小セット)/108円(税込、以下同)

 蒸し暑いこの季節。火照った身体をさっぱり冷やしてくれる海やプールは、夏の醍醐味 ひとつだろう。そんなとき、ちょっとした財布や小物、簡単な着替えなどを入れておくのにちょうどいいのが、ダイソーの「ポリ巾着」シリーズだ。

 この商品は、縦が約28㎝のSサイズと、約32㎝のMサイズの2種類がセットになった、ポリエステルとポリエチレン製の巾着袋。海やプールといった水周りのシーンでも、中身を濡らさずに持ち物を運ぶことができる。そして、何よりおすすめなのがそのデザインだ。アメリカンテイストでポップなパステル調の絵柄は、100円ショップとは思えないほどのオシャレな仕上がりなのである。

 加えて、底部分がマチつきになっているなど、機能面がしっかりしているのも嬉しいところ。費用対効果バツグンの高コスパアイテムなので、ぜひ手に取ってみてほしい。

 

キュートアイズ フラットポーチ/108円

 筆記具やコスメグッズなど、バッグの中でかさばりがちな小物類をきれいにまとめてく
れるポーチ。ダイソーブランドの人気シリーズ「フラットポーチ」は、そんな需要を満た
してくれつつ、108円という金額にしては驚きのクオリティを誇る商品だ。

 このフラットポーチシリーズのウリはなんといっても、いい意味で100円ショップらしからぬ優れたデザイン性。“インスタ映え”しそうなイラストや、大人っぽいイニシャルプリントが好評を博している。

 綿がベースのマットな肌触りのシリーズに加えて、今年の夏には、防水性能も備えた爽やかなビニール製のクリアータイプも登場。このサマーシーズンにバッグに忍ばせておくのに最適な、汎用性・コスパともに高いアイテムだといえるだろう。

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

人気記事ランキング

ヘルス・ライフ

ビジネス

総合

SNS