NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

チャゲアス、クラシック音楽家も唸る天才性…一流テノール歌手並みのChageなしで成立せず

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャゲアス、クラシック音楽家も唸る天才性…一流テノール歌手並みのChageなしで成立せずの画像1

CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A(Amazonより)

「こんな高いハモリは、Chageにしかできない」

 これは、CHAGE and ASKA(チャゲアス)が1991年に行った、大ヒット曲『SAY YES』のコンサートツアー「CONCERT TOUR ’91〜’92 SAY YES」のなかで、ASKAが言った言葉です。

 僕は音楽大学を出たばかりの頃でした。当然のごとく仕事はないので、学校に残りベートーヴェンやチャイコフスキーの楽譜を睨んでいる毎日で、ポップス音楽のことなどまったく知りませんでした。それでも当時、大ヒットしたテレビドラマ『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)のテーマ音楽として一世を風靡したこの『SAY YES』は何度も何度も聴き、「なんて良い曲なんだろう」と思っていました。

 武田鉄矢演じる星野達郎が、当時、トレンディドラマの大ヒロイン浅野温子演じるオーケストラのチェロ奏者・矢吹薫に強く惹かれ、プロポーズするというストーリーでした。42歳になるまで99回もお見合いに失敗し、風采の上がらない万年平社員が、30歳になったばかりの美人チェロ奏者の心をつかむ――。見た目も普段の生活もアンバランスな2人ですが、ただただ純粋に愛を訴える達郎と、それを受け入れていく薫のシーンにこの『SAY YES』が流れ、2人の愛を美しく感じさせるドラマでした。

 そんな『SAY YES』は、作詞作曲ともにASKAです。チャゲアスのほとんどのシングル曲の作詞作曲はASKAで、彼は天才です。ちなみに、チャゲアスは作曲したほうがメインボーカルを務めており、もちろん『SAY YES』もASKAがメインで歌っています。

 この数年間のASKAのさまざまな問題は世間の話題になりましたし、彼がやってはいけないことをやったのは確かで、弁護するつもりはありません。しっかりと薬物中毒から立ち直ってほしいと思います。そして現在、ASKA がチャゲアスから脱退すると発表し、大きな話題を集めています。ASKAは、これまで抱えてきた“不満”も主張しており、一定の同情もあるようですが、理解しがたい言動も目立ちます。ASKAは今後、ソロ活動をするとしています。

チャゲアス、クラシック音楽家も唸る天才性…一流テノール歌手並みのChageなしで成立せずのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事