NEW

GAFA匹敵の巨大IT企業がいない「経団連」に主導される日本経済の不幸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GAFA匹敵の巨大IT企業がいない「経団連」に主導される日本経済の不幸の画像1
経団連会館(写真:金田啓司/アフロ)

 日本経済団体連合会(経団連)は7月26日、リンパ腫で入院中の中西宏明会長(日立製作所会長)が9月9日の会長・副会長会議から復帰する見通しだと発表した。久保田政一事務総長によると、治療は順調で副作用もほとんどないという。9月から定例会見に出席し、政府の経済財政諮問会議や未来投資会義にも出る予定だ。

 復帰から3カ月ほどは、国内外の出張を控える。例年9月頃に実施する経済界による中国訪問(日中経済協会合同訪中代表団)も参加を見送る。

 経団連は5月27日、中西会長が体調不良のため検査入院すると発表した。「6月末ごろまで会長職を休む。5月初旬から体調不良が続いていたといい、当面は都内の病院に入院して詳しく検査する」というものだった。

 中西氏は2018年5月に経団連会長に就任した。今年5月30日の定時総会で就任2年目に入ったが、総会も欠席した。中西氏が務める予定だった総会の議長は、審議員会議長の古賀信行氏(野村ホールディングス会長)が代理を務めた。経団連は会長職の代行は置かない。

 経団連は6月5日、「中西会長の療養が長引く見通しになった」と発表。中西氏は都内の病院の検査で6月1日にリンパ腫だとわかり、6月3日に化学療法を始めた。担当の医師の説明によると、1~2カ月間は入院して治療に専念し、その後は通院で完治を目指すという。「8月ごろまで治療に専念し、復帰は秋になる見通しだ」とした。

 8月のお盆休みまでの予定はキャンセル。政府の経済財政諮問会議や未来投資会議の議員を務めているが、欠席することになった。7月、フランスで開かれた経済界版の主要7カ国会議(B7)にも中西氏が出席する予定だったが欠席、副会長の小林健三菱商事会長と片野坂真哉ANAホールディングス社長、平野信行三菱UFJフィナンシャル・グループ会長が出席した。

 この時点では、「経団連が7月に開く夏季フォーラムへの出欠だけは未定」としていたが、6月28日に欠席すると発表した。同フォーラムは経団連が毎年軽井沢で開く会合で、歴代で会長が欠席するのは初めてのことだ。

 こうした曲折を経て、経団連は7月26日、中西会長の9月9日復帰を発表した。5月21日の入院以来、3カ月半ぶりに現場に戻ることになる。

 経団連の会長が長期にわたって休むのは初めてだ。経団連は会長不在時のルールを設けていない。会長代行を置かず、案件ごとに担当の副会長らが対応することとなった。

 安倍晋三首相は5月30日、都内で開かれた経団連総会で挨拶し、日米貿易交渉について「幅広い物品を対象に交渉を進めていく。そう簡単な作業ではない」と述べ、日本の国益にかなうよう、粘り強く交渉を続ける姿勢を示した。

 米国と日本の貿易(通商)交渉が水面下で続くなか、経団連会長の長期不在は、経済界としての意見表明に影響が出ることが予想された。

 中西氏自身は4月末から5月初旬にかけて渡米し、米国の議会関係者らと会っている。入院直前の5月20日の記者会見では「今、日本の経済界から米国に直接意見を言うのはとても重要な活動だ」と語っていた。

GAFA匹敵の巨大IT企業がいない「経団連」に主導される日本経済の不幸のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事