しかし、ここへきて『文春』での発言がきっかけで世間から批判を浴びる事態となり、本人はかなり参っている様子みたいです。所属事務所関係者や親しいスタッフなどに『引退したい』『休みたい』などとこぼし、周囲から『情緒不安定っぽい』などと心配されているようです。元SMAPへの発言や立花氏の件など悪いことが一気に重なり、売りの“毒舌”を今後は抑えなくてはならなくなるのではないかと悩み、“憔悴気味”だという声も聞こえてきます」(テレビ局関係者)

 ちなみに一部報道では、マツコのギャラが番組1本500万円に高騰していると伝えられており、さらに世間から反感を買いかねないが――。

「番組の放送時間帯やマツコの立ち位置にもよりますが、番組1本で100万円前後。あのクラスにしてはリーズナブルといえます。通常、1時間モノのバラエティ1本の制作費は1000万円くらいなので、さすがにマツコ一人で500万円というのは考えにくいですが、そうした話が出るほど、今の芸能界におけるマツコの地位が高いということでしょう」(別のテレビ局関係者)

 一コラムニストから自身の腕一本で今の地位まで上り詰めたマツコだけに、逆風を必ずや跳ねのけてくれるに違いない。

(文=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事