NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

『凪のお暇』おもしろさと恐ろしさ…原作の魅力を抽出した理想のドラマ

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『凪のお暇』おもしろさと恐ろしさ…原作の魅力を抽出した理想のドラマの画像1
金曜ドラマ『凪のお暇』(なぎのおいとま)|TBSテレビ」より

 金曜ドラマ(TBS系金曜夜10時)で放送されている『凪のお暇』が毎週おもしろい。

 主人公の大島凪(黒木華)は営業事務として働く会社員だったが、職場の人間関係と恋人の我聞慎二(高橋一生)が同僚に語っていた心ない言葉にショックを受けて、会社を辞めてしまう。職場の空気を読むあまり疲弊した自分を変えるために、凪は立川にあるクーラーすらないボロアパート・エレガンスパレスに引っ越す。

 そこで知り合った、映画好きのおばあちゃん・吉永緑(三田佳子)や、大人びた小学生・白石うらら(白鳥玉季)、イベントオーガナイザーの安良城ゴン(中村倫也)と楽しい日々を過ごす凪。しかし、現実は厳しく、逃げたはずの空気を読む生活に再び凪は巻き込まれてしまう……。

 人生に疲れた主人公がつかの間の“お暇”を過ごすというドラマは、1996年の『ロングバケーション』(フジテレビ系)や2003年の『すいか』(日本テレビ系)を筆頭に、脈々と続いている人気ジャンルだ。

『凪のお暇』はその2019年バージョンといえる作品で、お互いに空気を読み合いながら「イイね」と言い合うコミュニケーションからの離脱が、大きなテーマとなっている。ただ、その際に凪が引っ越したアパートを現実から隔絶したユートピアとして描かずに、逃げたはずの現実が容赦なく凪を追いかけてくる様を執拗に描いていることが、本作のおもしろさであり、恐ろしさだ。

話数が進むほど登場人物の印象が変化する

 その象徴が、凪の元恋人の慎二である。慎二は凪のボロアパートに何度もやってきて、天然パーマ(会社に行くときと慎二の前ではストレートに手入れをしていた)の頭を見て「ブスになったなぁ」と嘲笑する。そして、必死で変わろうとする凪に「スベッてんだよお前」「お前は絶対に変われない」と言う。慎二のせいで凪は自分を見失いそうになるが、空気を読まないゴンの一言によって冷静さを取り戻し、慎二を拒絶する。

 ここまでなら、マウンティングしてくるクソ男を倒して「スカッとした」と思えばいいのだが、慎二はなんと凪が見ていない帰り道で号泣するのだ。

 実は慎二は今も凪のことが好きで、よりを戻すために立川まで来たのだ。凪がハラスメントだと感じた悪魔的な振る舞いや心ない言葉は慎二なりの屈折した愛情表現だったことが、話が進むごとにわかってくる。だからといって彼の振る舞いが許されるわけではないのだが、単なるクソ男だと思っていた慎二の印象は話数を重ねるごとにどんどん変わっていくのだ。

 一方、凪も純粋な被害者というわけではなく、自分の中に、人からよく見られようと見栄を張り、自分のことしか考えてないという嫌な部分が見えてくる。

 第3話。あらためて凪とよりを戻そうとする慎二に対して、凪は「慎二の外側だけ見てた」「肩書きに引かれてたんだと思う」「慎二のどこを好きだったのか思い出せない」という辛辣な言葉を浴びせる。

 そう言われる姿は、凪の魅力を行きつけのバーでうれしそうに語っていた慎二とは真逆で、このあたりまでくると視聴者は慎二を憎むことはできなくなる。

『凪のお暇』おもしろさと恐ろしさ…原作の魅力を抽出した理想のドラマのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事