NEW

「依頼人の成婚の喜びはやみつきに!」副業としての“仲人”がいまアツい!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
左から金井美枝子さん、中西理事長、小嶋英光さん(撮影=後藤修二)

 近年、働き方に対する考えもフレキシブルになり、副業を解禁する企業も増えている。しかし、せっかく副業をするならば単にお金のためではなく、やりがいを求めて働きたいもの。そんな人々の注目を集めている副業が「仲人」だ。日本仲人協会には現在1,800人あまりの仲人が加盟し、パートナーのいない男女に出会いを提供。結婚にまで導く活動を行っている。

 果たして「仲人」とはどんな仕事なのだろうか? そして、そのやりがいとは!? 日本仲人協会の中西圭司理事長、そして、仲人協会に加盟する仲人士の小嶋英光さん、金井美枝子さんにお話を伺った!

中西理事長は元呉服店経営者! サイドビジネスとして仲人を始めたはずが、いつの間にか本業に。

婚約に導くまで、わずか6カ月

──まず、仲人の仕事はどのようなものでしょうか?

中西 結婚したいという依頼者と面談をするところから仕事が始まります。しかし、この時に、依頼をお断りしてしまうことも結構あるんです。男性が結婚を希望するのは若くてきれいな女性。一方、女性のほうは、高学歴、高収入の男性を望みます。やっぱり「高望み」をする人が多いんです。

──結婚するなら条件のいい相手と……、と思ってしまいますね。

中西 私だって、いま結婚相手を探すならば20代のキレイな女性のほうがいいと思ってしまいますよ(笑)。しかし、医師や弁護士ではない限り、そんな出会いはほとんどありません。高望みしている場合、男性ならば、許容する年齢を上げてもらったり、女性であれば希望の収入を下げてもらいます。また、男性であれば資格を取ってもらったり、女性なら自分磨きをしてもらうなどして、自分の価値を高めるように指導する。塾の先生が志望校のアドバイスをしていくようなものですね。

──けっこう厳しい指導から始まるんですね……。

中西 はい。というのも、日本仲人協会では、ほかの結婚相談所とは異なり、入会金、月額顧問料はわずかな金額しか頂かない。その代わり、成婚した際に成婚報酬を頂いているんです。だから、仲人としても真剣に結婚をしたいと考えている依頼者に出会いを提供しているんです。

 そして、依頼者に対して指導しながら、マッチしそうな相手を紹介したり、会員サイトを閲覧してもらって全国1万人の会員から気に入った人を選んでもらう。そして、お互いに気が合いそうと感じることができれば、お見合いをセッティングします。

「依頼人の成婚の喜びはやみつきに!」副業としての“仲人”がいまアツい!!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事