NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

「高齢者に火災保険は不要」はトンデモナイ!火災で家を失った際の完全マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より

 近年は自然災害が多発し、各地に甚大な被害をもたらしている。ご自身が加入されている火災保険の契約内容を確かめた方も多いと思う。けれど、親の加入している火災保険の内容を把握されている方は、どれほどいるだろうか。実は、高齢の方には、火災保険に対して誤解をされている方が少なからずいるばかりか、ひいては子供にまで影響を及ぼす場合もある。今年10月から予定されている火災保険の値上げ、消費税の増税と家計の負担が増えるなか、親の火災保険の不備で、子供が経済的なとばっちりを受けるのは断じて避けたいもの。被災者になった場合、生活を再建するのはどれほど大変かを行政の支援を交えて紹介する。

失火責任法を理解する

 筆者がある介護関係の講習を受講した時に「これから、火災保険の裏技を教えるね。高齢者には火災保険はいらないの。自分の家から出火して近所が火事になっても責任は取らなくっていいのよ。高齢者なんて、いまさら家を建てることもないだろうから、火災保険なんて、入らなくっていいのよ。覚えておくといいから」と得意げに講師が話すのを聞いて、絶句したことがある。

 講師が「近隣に類焼を及ぼしても、火元は責任を取らなくていい」というのは、「失火の責任に関する法律」(以下、失火責任法)という法律のことだ。ざっくりと失火責任法について説明する。一般的に、故意や過失で相手に損害を与えた場合、その損害に対して賠償する責任がある。けれど、失火責任法では、その損害を与えた原因が火災だった場合、“重大な過失”(以下:重過失)がなければ、責任はないというものだ(大家さんに対しては軽微な過失でも、損害賠償責任を負うことになる)。

「隣の家から火が出て、私の自宅が燃えたら、被害の賠償はされないのか」と憤慨されるかもしれない。だが、いくら紛糾しようが泣き叫ぼうが、法律で定められている以上は、残念ながら自分の家の修繕などは、自分が加入している火災保険で補償するしかないのが現実だ。

 しかし本当に講師の言うように、自分の家から出火して近隣に類焼しても、一切責任を問われることはないのだろうか。

 重過失とは、「めったに起こらないような重大な過失」というわけではない。最終的には裁判で個別の案件ごとに事情や背景が勘案されて、判決が下されるが、「このままだったら事故やケガにつながることが簡単にわかりそうなのに、なぜ注意を怠ったのか」というレベルでも重過失とみなされることがある。

「高齢者に火災保険は不要」はトンデモナイ!火災で家を失った際の完全マニュアルのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事