NEW

『全裸監督』世界的ヒットの兆し…10年に1本の傑作、「もう地上波ドラマなんて観れない」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイトNetflixより

 ビデオ監督・村西とおるの半生をドラマ化した『全裸監督』(全8話)が、8月8日からインターネット動画配信サービス・Netflixで配信開始され、大反響を呼んでいる。

 世界190カ国同時に配信された同ドラマは、かつて村西とともにビデオ作品制作に関わった本橋信宏氏の著書『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)が原作。破天荒な村西役を熱演しているのは、実力と個性を兼ね備えた俳優・山田孝之だ。

 村西は、1980年代のバブル景気に沸く日本で、ビデオ業界に革命を起こした人物である。もともと務めていた会社が倒産し、妻の浮気で離婚した村西は、失意のなかでセールスマンなどを経験した後、荒井トシ(満島真之介)や川田研二(玉山鉄二)とともに「サファイア映像」を立ち上げる。さらに、厳格な家庭で育った女子大生・佐原恵美(森田望智)との運命的な出会いが、村西の人生を変えていく。ちなみに恵美はのちに「黒木香」として芸能界デビューを果たした。

『全裸監督』配信開始から8日後の8月16日には、早くもシーズン2の制作が発表されるなど、各所で絶賛されている。芸能界からも、以下のような声が続出している。

・長澤まさみ

「今年一番の楽しみが始まる!! 題名に囚われるんじゃないっっ!! 人生って驚きの出来事の連続です!! これはもう、見るべき、見るべし、語るべし!! 」

・秋山竜次(ロバート)

「裏の世界、そして演者の皆さまの体当たりな演技、全て凄すぎでした」

・斎藤工

「余りに面白過ぎて一気に観てしまった。伝説の漢、村西とおる氏を通じ、今の日本の過度なコンプライアンスに対し、痛快なまでに本質を描いてくれている。終始高揚感が止まらなかった。日本の全てのドラマや映画は『全裸監督』に嫉妬し戦いを挑むべき。山田孝之、森田望智、皆最高」

 このほかにも、お笑いタレントの有吉弘行は、8月10日にTwitterで「全裸監督。一気に全部観ちゃった」と報告。11日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)では、恵美を演じた森田に向けて「ナイスです!」と、村西の有名なセリフで称賛。また、13日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)では、爆笑問題・太田光が「(山田が)村西とおるに見えてくる」と、感心していた。ちなみに女性でもハマる人は多く、ベッキーも10日付のTwitterで「私も『全裸監督』昨日1日で一気み」と、ツイートしている。

テレビ業界でも話題に

 もちろん一般の人々の注目も集めており、特に村西役の山田と、恵美役の森田の演技力に衝撃が広まっている様子で、

「とにかく体当たりの演技」

「“本物の役者”って感じがした」

「山田孝之はさすがだし、森田って子は新人とは思えないほどのオーラ」

などと評価されている。一方、一部では「話題の作品だから少し見てみたけど、気持ち悪くて無理だった……」と拒否反応を示す感想もみられる。テレビ局関係者は語る。

『全裸監督』世界的ヒットの兆し…10年に1本の傑作、「もう地上波ドラマなんて観れない」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事