NEW

正体不明の「ハム音」、解明へ…体調不良を誘発、発生源マップ作成

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

謎とされた自然由来のハム音

 日頃、我々はさまざまな種類の音を大量に聞いている。路上を行き交う自動車やバイクの音、歩行者の足音、人の声、電話の呼び出し音、ドアの開閉音、水が流れる音、風雨が草木や建物等に打ち付ける音、工場での機械音、ペットの鳴き声、カラスやハトのような鳥や野生動物の鳴き声、さらに虫の鳴き声など、書き出せばきりがない。

 筆者は里山で田舎暮らしをしているため、特に昆虫や鳥、動物の鳴き声を多く聞いている。だが、自分の勉強不足もあるが、具体的にそれらの鳴き声の主が何者なのか、わかるのは一部であり、大半はわからない状態にある。また、ガタゴトという衝撃音を聞いたとしても、具体的に何がどこに当たって音を立てているのか簡単にはわからず、あまり関心を払うこともないように思われる。

 おそらく、筆者だけでなく、ほとんどの人が正体不明の音をたくさん聞いているはずである。とはいえ、ほとんどの場合、説明されればすぐに納得できる類いの音ばかりを聞いていることは間違いないだろう。

 一方、長年科学者の間でその存在は知られていたものの、何が生み出しているのか謎とされてきた音もある。その一つは、地球が生み出す音で、ヒトには聞こえないが、地震計では検知可能な低周波のハム音である。

 2015年2月10日、査読付き科学誌「Geophysical Research Letters」は、その音は主に地球を微かに振動させる海洋波によって生み出されるとした新しい研究論文を掲載した。

 海洋波同士の衝突は何かしら地震活動(地震のような振動・音)を生み出すが、ハム音の大部分は巨大でゆっくりと動く海洋波の運動と圧力が海底に及んで生じていることが、フランス国立科学研究センターの上級科学研究員ファブリス・アルダイン博士によって発見されたのである。

 アルダイン博士は、海と風と海底の情報を活用して、ハム音を起こしうる海洋波がどこに発生しやすいのか、コンピューターで割り出した。それは、海底に到達し得る巨大な波の高さを示した世界地図として示されており、イギリス、フランス、ポルトガル、スペイン沖の大西洋北東部で特に発生しやすいことがわかった。

 なお、アルダイン博士によると、そのハム音はヒトには聞こえない周波数帯にあるが、もしその再生速度を1万倍にして聞いてみれば、アナログテレビが電波を受信できない時に発するノイズのような音だという。

画像:仏ブレスト大学Fabrice Ardhuin博士

正体不明の「ハム音」、解明へ…体調不良を誘発、発生源マップ作成のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事