NEW

『全裸監督』の“素晴らしさ”と“ダメさ”、“リアルさ”と“罪深き隠蔽”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイトNetflixより

全裸監督』を見たいがためにNetflixに入ったという人々が多くいる一方で、『全裸監督』に頭にきてNetflixを解約したという人々も少なくない。ドラマの主役、村西とおると深い交わりのあった本橋信宏氏の著書『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)が原作である。

 賛否両論の激流を生み出している、Netflix配信のドラマ『全裸監督』を専門家はどう見たのか。映画業界関係者から話を聞いた。

「ベータカムを担いで女優と行為に及ぶ撮影法の元祖である、きわめてハチャメチャなビデオ監督の村西とおるを、実力派俳優、山田孝之に演じさせたという企画力が勝利した作品だと思います。俳優さんたちは皆、素晴らしかった。

 多くの女優さんが脱ぐわけですけど、それが業界で言う『脱ぎ要員』ではなくて、ちゃんとお芝居のできる方たち。『脱ぎ要員』の女優は演技がメチャクチャ下手っていうことがありますけど、そういうことはまったくなかった。家で不倫しちゃう村西の妻とか、村西に“駅弁”を伝授した飲み屋の女将とか、脇役の女優さんたちもちゃんとお芝居ができている。成人向け作品専業の女優の方も出ていましたけど、彼女も演技ができていて感心しました。成人向けの映画やビデオだと、絡み合う男女にカメラが寄っていくけど、引いたまま撮っている。ボディで見せるのではなく、演技で見せているわけです。

 そして、黒木香を演じた森田望智。彼女がいなければ成立しなかったこの作品は、彼女のモノと言っていいでしょう。演技力は抜群で、当時の黒木のしゃべり方から仕草まで、見事に再現している。こんな凄い女優がいたんだ、よく見つけてきたなと感心します。少女時代のシーンも秀逸でした。高校時代の場面で、親に言われて、風呂場で同級生と並んで足を洗うところなんか、まったく脱いでないのに、ものすごくいい。大学のデッサンの授業で、男性モデルに向かって脚を開いて見せつけるシーンも、森田の演技力により、清廉に見える美大生がやっているように本当に見える。ここも脱いでないのに、ものすごくリアルでした」

 現実の村西は、演技で性的なものを見せる作品を蔑視し、“本番”にこだわり、女優に前貼りを外させるシーンも『全裸監督』にはある。だが、見事なまでに演技でのみだらさで見る者を魅了するというパラドックスも『全裸監督』の魅力の1つだろう。

『全裸監督』の“素晴らしさ”と“ダメさ”、“リアルさ”と“罪深き隠蔽”のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事