NEW
熊谷修「間違いだらけの健康づくり」

老後の健康を左右する食欲、一緒に食事をする家族等の有無が影響…若い頃の努力が重要

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より

 老化を遅らせる食生活指針は、メタボ対策の食事とはかなり異なる。これまで3回にわたりシニア期の欠食による栄養失調リスク、たんぱく質と脂質栄養の重要性、あるいは牛乳の効用についてお話してきた。

 人生後半の食生活を通した健康づくりには、食事のとり方や何をどのようにどれだけ食べればいいかという、栄養情報とその実践だけではどうにもならない面がある。食生活は日常生活を構成するひとつの要素であり、そのほかにも複数の要素があり、互いに影響し合い複雑に絡み合っている。栄養問題を解消するには、このような関係を加味斟酌して取り組まなければならない。

 そのなかで最重要なテーマが、食事に対する意欲、すなわち“食欲”の問題である。食事に対する意欲のない者に、“これを食べるといい”というアドバイスは意味をなさない。昨今、食欲を抑える手段が注目を集めているようだ。これらは食べすぎを防ぐためのものであり、痩身願望を満たすものや種々の病気の管理や予防を目的としているものだ。食欲のあることをディスアドバンテージとしてとらえている。

 ところが長い人生のなかでは、食欲のあることは極めて大きな心理的アドバンテージである。我々は生まれて死を迎えるまで「成長期」(身長の伸びが終了するまで)、「成熟安定期」(老化が進み始めるが身長は伸び縮みしない)、「老化期」(身長の縮みが開始する)という3つのライフステージを経る。この3つのステージは良好な栄養状態が基盤になければならないが、特に成長期と老化期は重要度が高まる。人生の3分の2以上は栄養基盤を強固にするための食事に対する心理的アドバンテージ、すなわち“食欲”が求められるのである。

食欲があるシニアほど老化が遅い

 まず、食欲と体の栄養状態の関係を明らかにしようと思う。自明と思うかもしれないが、明瞭に描写できている科学データは意外に乏しい。

 地域の元気シニア約950名(平均年齢72.1歳)に食欲の程度をアンケート調査したデータがある。結果をみると「非常にある」が16%、「まあある」が78%、「あまりない」が6%、「ほとんどない」は0%であった(中年からの老化予防総合的長期縦断研究、東京都老人総合研究所、1996.分析:熊谷修)。

 食欲が「ほとんどない」ことは近い将来の死に直結することが多いため、元気シニアにはほとんどいない。食欲はあるがどの程度あるかが問題になる。体の栄養状態に明らかな違いが出る分岐点は、「非常にある」かそうでないかである。

老後の健康を左右する食欲、一緒に食事をする家族等の有無が影響…若い頃の努力が重要のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事