NEW

タワーマンションで火災が起きたら、どこに逃げればいいの?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 2017年、ロンドンにある高層公営住宅の4階で火災が発生し、アッという間にタワー全体を焼き尽くす火災が起きた。あんな映像を見れば誰でもタワマンは恐ろしいと思うだろう。だが、日本のタワーマンション(タワマン)は非常に火災に強いことをご存じだろうか? 今回はタワマンの火災について解説しよう。

日本のタワマンは火災に強い造りになっている

タワーマンションで火災が起きたらどこに逃げればいいの?の画像1
(Image:🄫Natalie Oxford)

 2017年6月14日未明、ロンドンにある24階建ての高層公営住宅「グレンフェル・タワー」で火災が発生した。4階から出火するとアッという間に上層階まで燃え広がり、タワー全体を焼き尽くした。その結果、少なくとも70人以上の犠牲者を出す大惨事となったのである。日本でも大々的に報道されたので覚えている人も多いだろう。あんな火災を見れば、誰でも「タワーマンション(タワマン)はやっぱり怖い」と感じるだろう。

 しかし、あのような火災が日本のタワマンで起こるとは、なかなか考えにくいのである。理由はいくつかあるが、「グレンフェル・タワー」は外装が燃えやすい素材で覆われており、建物の外から火が燃え広がった。だが、日本の建物の外壁はもちろん、室内も燃えにくい防炎素材で作られている。また、火災報知器やスクプリンクラー、防火シャターなどの設置が義務づけられており、ほかの部屋に延焼する可能性は非常に低いのである。

●ロンドンの高層公営住宅は燃えやすい素材の外壁を伝って火が上に延焼したが、日本では燃えにくい部材で覆われている

●火災報知機やスプリンクラー、防火シャッターなどの設置が法律で義務付けられていて、火災に対する備えがきちんとされている

●建物全体でカーテンやじゅうたんなどは防炎素材を使うことが法律で義務付けられている

●戸境壁やドアすべてが防炎素材のため、スプリンクラーの作動で隣の部屋まで延焼する確率は非常に低い

続きは【オトナライフ】で読む

タワーマンションで火災が起きたら、どこに逃げればいいの?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事