NEW

シヤチハタの痴漢抑止スタンプ、キュカの「痴漢レーダー」 痴漢犯罪にNOを示すための大きな一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

シヤチハタの痴漢抑止スタンプ、キュカの「痴漢レーダー」 痴漢犯罪にNOを示すための大きな一歩の画像1

シヤチハタがテスト販売した「迷惑行為防止スタンプ」(画像はシヤチハタ提供)

 2011年に警視庁が発表した「電車内の痴漢撲滅に向けた取組みに関する報告書」によれば、痴漢被害に遭っても警察に届け出る人はたった1割程度だという。痴漢という犯罪は、被害者が「怖い」「恥ずかしい」と思い、声を上げづらいことが特徴だ。

 痴漢被害に悩む人は多く、5月にはTwitter上で、痴漢の撃退方法に「安全ピン」を使用することの是非について議論が巻き起こった。

 「事務用スタンプor印章用品」や文具を製造するシヤチハタ株式会社の公式Twitterは5月22日、<今現在Twitterで話題になっている社会問題の件ですが、早期に対応ができるようにします。ジョークではなく、本気です>とツイートし、大きな注目を集めた。

 そして3カ月後の8月27日、シヤチハタは実際に「迷惑行為防止スタンプ」のテスト販売をスタート。およそ30分で、予定販売数の500個が完売となった。

 「迷惑行為防止スタンプ」の開発経緯や意図について、シヤチハタの広報担当者に聞いてみた。

シヤチハタの痴漢抑止スタンプ、キュカの「痴漢レーダー」 痴漢犯罪にNOを示すための大きな一歩のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事