NEW

ヴィレッジヴァンガードが大量閉店していた…なぜ斬新性失われ「中途半端な店」化?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】ヴィレッジヴァンガードが大量閉店していた…なぜ斬新性失われ「中途半端な店」化?の画像1
ヴィレッジヴァンガードの店舗 (「Wikipedia」より)

 ユニークな本や雑貨などを独特の陳列方法で販売する「ヴィレッジヴァンガード」を運営するヴィレッジヴァンガードコーポレーションで、閉店の嵐が吹き荒れている。

 2014年5月末には403店を展開していたが、不採算店の閉鎖を進めた結果、19年5月末には346店まで減った。この5年で57店減ったかたちだ。ヴィレヴァンにいったい何が起きているのか。

 ヴィレヴァンは「遊べる本屋」をキーワードに、マニアックな漫画など一般的な書店が扱わない本を販売。雑貨や衣料品、食品も扱い、品ぞろえは豊富だ。「サブカルの聖地」とも言われ、熱狂的なファンが多いことで知られている。

 陳列はアイテム別に整然と並べるのではなく、異なるアイテムを組み合わせて雑多に並べるのが特徴だ。地面近くから天井近くまで所狭しと陳列する。POPは個性的で、特製の黄色い紙に「さわるな! 欲しくなるぞ。」といったユーモアあふれる文言が書き込まれている。品ぞろえが店舗によって大きく異なるのも、ヴィレヴァンならではだろう。

 ヴィレヴァンを知らない人のために、筆者が先日訪れた下北沢店(東京都世田谷区)の様子を紹介したい。同店は個性的な店が軒を連ねる下北沢に立地している。数あるヴィレヴァンのなかでも広い売り場を有しており、品ぞろえは豊富だ。ヴィレヴァンを代表する店舗といえるだろう。

 同店では本はテーマに沿って陳列する。「旅行」をテーマにしたコーナーでは、海外旅行ガイドブック『地球の歩き方』(ダイヤモンド社)といった正統派のものから、『「危ない」世界の歩き方』(彩図社)や『ヒッピーの教科書』(幻冬舎)といった、ややマニアックなものまで多種多様な旅行本を並べていた。

 同店では「ビール」をテーマにしたコーナーが設けられていた。ビールサーバーや缶ビール冷却器、タンブラーなどビールにまつわる商品を陳列。ほかにも、ベーコンの缶詰といったおつまみや、ビールに合うおつまみのレシピ本なども並べていた。

 韓国グルメのコーナーでは韓国産の食品や調味料を陳列。映画コーナーでは映画キャラクターのプリントTシャツやポスター、おもちゃが並べてあった。衣料品コーナーにはファッション誌も置いてある。同店では、このように異なるアイテムを組み合わせたコーナーを随所に設けていた。

ヴィレッジヴァンガードが大量閉店していた…なぜ斬新性失われ「中途半端な店」化?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事